「望遠鏡」と「双眼鏡」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「望遠鏡」と「双眼鏡」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「望遠鏡」「双眼鏡」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「望遠鏡」とは?

「望遠鏡」は遠くを見るための道具です。

主に天体など、とても遠いところにあるものを見るために使われます。

覗く場所が一つしかなく、片目を閉じて使用します。

「双眼鏡」とは?

「双眼鏡」「望遠鏡」の一種です。

しかし、「望遠鏡」と一般的に言われているものよりも、比較的近くにあるものを見るときに使われます。

観劇やバードウォッチングなどに使われることが多いです。

覗く場所は二つあり、両眼を当てて使用します。

「望遠鏡」と「双眼鏡」の違い

「望遠鏡」「双眼鏡」の違いを、分かりやすく解説します。

「望遠鏡」は夜空の天体を見るときに主に使われています。

対象を見るために覗くファインダーは一箇所です。

天体は距離がありすぎて、立体視する必要がありません。

なので片目だけで使用できるように作られています。

「双眼鏡」は一般的には、地上にあるものを見るときに使われます。

ファインダーは二箇所あり、両目で覗いて使用します。

両目で遠くのものを見ることができるので、立体視が可能です。

「望遠鏡」に比べると「双眼鏡」は小型のものが多く、簡単に持ち運ぶことができます。

まとめ

「望遠鏡」はファインダーが一つしかなく、天体など、とても遠くを見るときに使われます。

「双眼鏡」はファインダーが二つあり、地上のものを観察するときなどに使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典