スポンサーリンク

「期待に沿う」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「期待に沿う」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「期待に添う」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「期待に添う」とは?意味

「期待に添う」は、期待という対象者側から向けられる要望や要求に沿うことです。

沿うというのは、期待という物を道であると仮定した場合、その道から絶対に外れないことを沿うといいます。

逆に、未知から外れた場合、期待に添うことができないということから、期待外れと呼ぶのです。

「期待に添う」の概要

「期待に添う」とは、期待という周囲から向けられるまなざしの他できるだろうという願望は、一つの道のようであるが故、沿うと呼ばれており期待ばかりが沿うという言葉を使用するわけではありません。

たとえば、要望に沿うは、相手側の注文から外れずに要件を聞き入れることにあり、基準がある物であれば、たいてい沿うと言い切ることができるのです。

その為、提案に沿う等も提案に基準があるが故、未知から外れないように沿うことができるわけで、明確な基準がない物は逆に沿うことはできません。

なお、「期待に添う」は、明確に目標がある場合、「期待に添う」ということは不自然で、その理由は、100万円の目標があるということで、「期待に添う」といえば、目標を提示した人物に対して失礼に当たるため不自然です。

その為、「期待に添う」は基準と目標の違いについて理解して使用することが望ましいです。

「期待に添う」の言葉の使い方や使われ方

「期待に添う」は、明確な基準がある物に対して使用し、例を挙げれば、仕事を任された際、任された仕事が製造業だった場合、製造業の仕事についてのみ「期待に添う」といえば、相手側の方に対して製造業の仕事を頑張ってもらえると理解してもらえます。

「期待に添う」を使った例文

・『目標額の100万円の売り上げに迫るよう期待に添うことを努力します。』

この例は、あってはならない言葉の使い方で、売り上げの目標に対して、絶対にその道から外れないよう努力すると言っています。

何故、この言葉があってはならないかは、目標を立てた人物に対して失礼に当たるが故です。

失礼に当たる点は、目標を100万と定めた人物に対し、この言い方では、努力をしてやるという意味に取られ、勝つ道を外れないという絶対的自信があるが故、万が一道に外れた場合、相手の方に対して非常に失礼になります。

このケースの場合、「期待に添う」を使用せず努力しますだけで済ませるのが理想です。

まとめ

「期待に添う」は、寄せられた期待に対して絶対である子をと誓うが故、相手側が上司の場合、上司よりも有能であるという意味に取られるうえ、万が一期待から外れた場合、取り返しがつかなくなりますので、実はあまり多用すべく言葉ではありません。

その為、営業やエンジニアの方が使用する場合も注意が必要で、「期待に添う」は、期待から外れることはあってはならないということを踏まえたうえで使用するのが望ましいです。

逆を返せば、絶対に相手側の提示した問題を解決し、相手側に納得して頂くことができるという自信がある場合、自分は有能ですということをアピールしたいのであれば、「期待に添う」という言葉を使用するとよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典