スポンサーリンク

「期待を持つ」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「期待を持つ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「期待を持つ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「期待を持つ」とは?意味

ある事柄が実現するだろう望みを持つことです。

「期待」には、こうなって欲しい、こうであればよいと待ち受けるという意味があります。

「持つ」には、手にとる、心の中にいだく、受け持つ、身につけるなどの意味があります。

気持ちは目に見えるものではなく、物質として存在しているのではないので、手で持つことはできません。

そのため、「期待を持つ」というときの「持つ」とは、心の中にいだくという意味になります。

「期待を持つ」の概要

人間は、こうなって欲しいという気持ちを持ちながら生きています。

ある事柄が実現するだろうと思っているからこそ、前を向いて生きていくことができます。

ある事柄が実現するだろうという気持ちを抱くことを「期待を持つ」といいます。

暑い日が続いているときのことで考えてみます。

毎日のように最高気温が35℃を超える日が続くと、体が疲れてきます。

明日も暑いのかと思うと気持ち的にも疲れてくることがあります。

そういったときには、「明日こそは涼しくなって欲しい」などと思います。

「明日こそは涼しくなって欲しい」というのは、こうなって欲しいという気持ち、つまり期待です。

期待を心の中にいだいているので、このことは「期待を持つ」と表現できます。

昆虫は食材として「期待を持」たれているようです。

牛や豚などの家畜を飼育するには、大量の水や飼料が必要で、そういったものを栽培するために二酸化炭素が排出されます。

また、牛は温室効果ガスを排泄することも問題視されています。

地球の気温上昇を抑えるためには、肉の消費量を抑えて他のものからタンパク質を摂取することが望ましいという考えもあります。

そこで注目されるのが昆虫です。

昆虫はタンパク質が多く、肉の代わりのタンパク質源になりそうです。

肉の代わりになるのではないかと「期待を持」たれています。

「期待を持つ」の言葉の使い方や使われ方

こうなって欲しい、こうあって欲しいという気持ちを持つことについて使用をします。

こうなって欲しいというのは未来のことです。

そのため、この言葉は未来にことについて使用をします。

過ぎてしまったことには使用されません。

人それぞれ、こうなって欲しいと思うことは違うので、さまざまな事柄に使用されます。

誰かに対してこの気持ちを持ったり、出来事に対して子の気持ちを持ったりします。

「期待を持つ」の類語や言いかえ

「期待を抱く」が似たような意味を持つ言葉です。

抱くには、ある考えや感情を持つという意味があります。

「待ち望む」も意味が似ている言葉です。

早くそうならないかなと心待ちにすることをいいます。

まとめ

こうなって欲しい、こうであって欲しいと思う事柄はさまざまあります。

そのような気持ちを持つことを指して使用する言葉です。

こうであって欲しいと思わない人は少ないので、多くの人は「期待を持つ」ということをしていることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典