スポンサーリンク

「木材」と「材木」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「木材」と「材木」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「木材」「材木」の違いを知っていますか。

この記事では、「木材」「材木」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「木材」とは?

「木材」とは、さまざまな用途に用いられる木のことです。

「木材」の用途は、燃料、船舶、家屋、家具、道具、楽器、彫刻、染料、紙などです。

燃料としては古くから利用されており、旧石器時代には利用されていました。

中国では50万年ほど前の北京原人遺跡から消し炭が発見されています。

「材木」とは?

「材木」とは、樹木を切り出してさまざまな用途に使用できるようにしたもののことです。

形状を角板や板にしたものが一般的です。

「材木」というときには、建材や道具類に用途を限定している場合があります。

「木材」と「材木」の違い

「木材」「材木」は、ほぼ同じ意味です。

「木材」には「材木」という意味があり、「材木」には「木材」という意味があります。

どちらも建築、紙、楽器、燃料など、幅広く利用されています。

ただし、「材木」は建材や道具類と用途を限定して指す場合があります。

まとめ

「木材」「材木」は漢字の並び順が違うだけで、同じような意味を持っています。

強いて言えば「木材」は幅広い用途に使用されていますが、「材木」は建材や道具類に使用する場合だけを指すことがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典