「未婚」と「非婚」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「未婚」と「非婚」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「未婚」「非婚」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「未婚」とは?

「未婚」とは、まだ結婚していないという意味になります。

つまり結婚歴がない人のことを「未婚」と言うのです。

それに対しての言葉は「既婚」です。

意味は「すでに結婚していること」となります。

「未婚ママ」という言葉がありますが、これは「未婚」のまま母親になった人のことを言います。

「シングルマザー」も同じ意味ですが、それ以外の、離婚、別居、死別などによって子供を一人で育てている母親のことでもありますので「未婚」であると区別をつけたい場合は「シングルマザー」よりも「未婚ママ」の方がわかりやすくなるでしょう。

「非婚」とは?

「非婚」とは、結婚していないこと、という意味と、結婚をあえてしないという選択をしたという意味があります。

「非婚化」という言葉がありますが、これは結婚しない人が増加することという意味になります。

「非婚化」は少子化の一つの要因であるとされています。

「彼らは長年一緒に暮らしているが、非婚である」「私はあえて非婚という道を選んだ」などと、使います。

「未婚」と「非婚」の違い!

「未婚」「非婚」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は、「結婚していない」という状態であるという意味では同じです。

ですが意味合いが違っていますので混同しないように気をつけて下さい。

「未婚」とは「まだ結婚していないこと」という意味です。

つまり人生において一度も結婚していないといった人に使われる言葉ととらえておくとわかりやすいでしょう。

例えば一度結婚して離婚、現在独身という人は「未婚」とは使いません。

「離別」「バツイチ」「独身」といった言い方などをします。

一方の「非婚」とは結婚していないことという意味と、結婚をあえて選択しないことという意味があります。

前者の場合は「未婚」と同義語とも言えますが、後者の場合は少し違ってきます。

一度結婚に失敗した人などがその後の人生において「非婚」を決意したといったこともあるでしょう。

まとめますと「未婚とは一度も結婚したことがないこと」「非婚は未婚であること、あえて結婚を選択しないこと」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「未婚」「非婚」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの立場を考えて「未婚」なのか「非婚」なのか選んで使うようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典