スポンサーリンク

「未来永劫」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「未来永劫」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、永遠にという意味を持つ「未来永劫」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「未来永劫」とは?意味

現在から続き、未来にわたる果てしなく長い年月という意味の言葉で、永久に続くなどの意味に近いものとなっています。

平和が未来永劫続くことを願うという言葉であれば平和が永久に続く、平和でないときが一時もなく果てしなく続き続けていくということになります。

「未来永劫」の概要

もともとは仏教用語で「みらいえいごう」だけでなく「みらいようごう」と読む場合もあります。

未来は将来など先の時間を指し、永劫は想像できないほど果てしなく終わりのない長い時間を表す言葉で、未来は強調する意味合いで永劫だけでも果てしなく長い時間という意味合いになります。

果てしない長さという意味合いのみの言葉であり、言葉自体にはネガティブさもポジティブさもありません。

「未来永劫春には桜が咲き続けるように」など目標をたてる使い方が一般的で、未来永劫ありえないという言葉であれば絶対にありえないという意味合いで使えます。

瞬間や刹那という言葉が逆の言葉と言えますが用途的に逆とまでは言い難いでしょう。

また、過去から未来永劫続いているという言い方はできなくはないですが現実的に続いているものが生命の歴史などのような比喩表現に使いにくいもののみと言えるため、基本的には現在の時点を持って未来永劫続いていくという目標を掲げるのに使える言葉となっています。

「未来永劫」の言葉の使い方や使われ方

非常に低い確率という意味合いが強く絶対ないに近い「宇宙人が地球に来ることは未来永劫ないのだろうか?」少なくとも現状の良い点を維持し続けようという「この繁栄が未来永劫続くように精進していきます」終りが来ることを危惧する意味合いの「石油は未来永劫産出されるわけではないはずだ」ありえないという意味合いの「離婚することは未来永劫ない」時間経過に耐えるという意味を強めた「未来永劫まで通用するであろう美しいデザイン」などの使い方があります。

未来永劫ないという言葉は絶対にありえないというニュアンスで使えます。

「未来永劫」の類語や言いかえ

「永久に」「永遠に」「この先ずっと」「遥かな未来でも」「世界が終わっても」、巡りくる長い世の中や永遠という意味合いを持つ「生生世世」などが言いかえとして使える言葉と言えます。

長く続くという意味では「子々孫々」という言葉も近しくはありますが、世代という意味合いや血脈というイメージが強くなっています。

まとめ

「未来永劫」という言葉ははてなく永久に続いていく言葉となっており、絶対ないという意味合いで「未来永劫ないと」打ち消しで使う場合にはかなり多岐にわたる言葉が使えますが、未来永劫続いていくという言葉であると非常に使える言葉が限られたものとなっていると言えます。

永遠などと意味は近いですが字面も意味的にもより強調されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典