スポンサーリンク

「本物」と「実物」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「本物」と「実物」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「本物」「実物」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「本物」とは?

「本物」とは、ほんものという読み方をすべき言葉です。

文字で表現されているこの言葉を目にすれば分かる通り、正式のとか本当のや物事の根源といった意味を持つ本に、ぶったいやぶっぴんといった意味を有する物という字を付け足して成立している言葉となっています。

そのため本物は、偽物や作り物ではない物や本格的である事を意味する言葉です。

ちなみに反対語は、偽物という言葉が当てはまります。

「本物」の使い方

「本物」は一般的な会話の中でも使われる事が珍しくない言葉なので、この言葉にある程度馴染みがあるという人が多いです。

そして具体的な使われ方としては、このバッグは本物だ、といった形で偽ブランド品でないといった意味を表す事が出来ます。

或いは技術等が非常に優れている事を表す際に、彼は本物だ、といった使い方をする事も多く見られるのです。

「実物」とは?

「実物」とは、じつぶつという読み方をすべき言葉となっています。

漢字で表記された文字を見れば直ぐに理解出来ますが、本当の事柄とかまことといった意味がある実の文字に、ぶったいや人間の感覚で捉える事が可能な形のある対象といった意味を持つ物の文字を付け足す事で誕生した言葉です。

だからこそ「実物」は、実際の物とか現物という意味を表す言葉となっています。

「実物」の使い方

「実物」という言葉は、日常的にそれなりに見聞きする機会がある言葉です。

例えば、実物大の模型、という言葉で本物と同じ大きさの模型という意味を表す事が出来ます。

他にも、実物を見てから購入する、といった表現で実際にその商品を目にした上で購入を決めるといった意味を表す事が可能です。

「本物」と「実物」の違い

「本物」「実物」は見比べれば分かる様に、最初の文字が本と実という明確な違いが見られます。

しかも最初の文字がこの様に違っている事で、表す意味合いにも差異が生じているのです。

「本物」の方は、偽物や紛い物ではない本当の物や技量が優れている人等を表す事が出来ます。

一方の「実物」は、実際に存在している物を表す際に用いるべき言葉となっているのです。

「本物」の例文

・『調べてみた所、この指輪には本物のダイヤモンドが使用されています』

・『ネット上には本物の情報だけでなく、ガセ情報も多く出ています』

・『連続優勝を果たした事で、彼の実力は本物だと証明されました』

「実物」の例文

・『会場には実物大の模型が置かれています』

・『彼女の絵は実物を見て描かれているとは思えない程に、独特な作風です』

まとめ

2つの言葉を比較すれば、即座に最初の文字が本と実という違いがある事に気付きます。

更に使用される文字に違いがある事で、それぞれの言葉が表す意味合いにも違いが生じているのです。

「本物」の方は、紛い物ではない本当の物という意味や技術力や実力が優れているといった意味を表す言葉となっています。

「実物」の方は、実際に存在している物や現物といった意味を表す言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典