スポンサーリンク

「果敢に挑む」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「果敢に挑む」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「果敢に挑む」の意味を分かりやすく説明していきます。

それでは「果敢に挑む」の意味を取り上げていきましょう。

スポンサーリンク

「果敢に挑む」とは?意味

最初に「果敢に挑む」の意味をご説明致します。

「果敢に挑む」とは、対象になる物事に対して、後ずさりすることなく、思いっきりよく挑戦することを指しております。

もっと簡単に書きますと、怯む様子を見せずに、積極的に挑むことです。

そして、「果敢に挑む」ことで得る結果が良くても、悪くてもその点は、あまり重要視している訳ではないのです。

あくまでも「果敢に挑む」姿勢や勇気、姿、精神を表現している言葉となります。

「果敢に挑む」の概要

次は「果敢に挑む」の概要を解説していきます。

「果敢に挑む」概要とは、基本的に誰しもやりたがらない物事や、難色を示すことに対して、勇気と強い意志を持って、積極的に挑むことを指しているのです。

また、思いっきりの良さを示したりする際にも使われる表現となっております。

「果敢に挑む」の言葉の使い方や使われ方

この項目において、「果敢に挑む」の言葉の使い方や使われ方を取り上げてみましょう。

「果敢に挑む」を使うときは、誰しもが難色を示す事柄や、絶対に避けたい物事を強い意志と勇気を持って、積極的に挑む人やさまを指すときに使います。

それでは「果敢に挑む」の使い方や使われ方を例文を書いていきます。

「果敢に挑む」の使い方
・『小沢中将は、囮艦隊としてハルゼー艦隊に果敢に挑む姿勢を見せました。結果としては、ハルゼーに勝ったのです』
・『零戦隊は劣勢にあっても敵編隊に果敢に挑むことで、戦果を挙げました』
・『彼の果敢に挑む姿勢に、皆が感動して協力するようになりました。以前に増して、職場の団結力が増したように思います』
・『我々が果敢に挑むことで、敵を怯ませることも可能であると考えております』
・『難関と言われている東大受験に際して、彼は果敢に挑む姿勢を見せ、見事に東大受験をパスしました。これから彼はキャンパスライフを送るのでしょう』

「果敢に挑む」の類語や言いかえ

最後に「果敢に挑む」の類語や言いかえを説明します。

「果敢に挑む」とは、基本的に劣勢な状況や、誰しも難色を示す事柄に対して、強い意志と勇気を持って、怯まずに積極的に取り組むさまを指しております。

これらに鑑みてみますと、自ずと類語と言いかえの言葉が出てきます。

「果敢に挑む」の類語や言いかえとしては、「果敢に立ち向かっていく」「勇猛果敢」「臆することなくアタックしていく」「果敢に挑戦してみる」などが類語や言いかえになると考えます。

また、「勇気のある行動」「勇気のある人」「積極的に立ち向かう人」なども類語や言いかえとしては十分かと判断します。

まとめ

まとめとして、「果敢に挑む」とは、誰しもが避けたいことや、難色を示して取り組みたくない事柄に対し、臆することなく、強い勇気を持って取り組むことを指しております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典