「査閲」と「承認」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「査閲」と「承認」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「査閲」「承認」の違いを分かりやすく説明していきます。

「査閲」とは?

「査閲」とは、現場などで実際に調査をして、合っているかどうかを調べるという意味があります。

また他の意味として軍事教練の成績を現場に行って調べることというものもあります。

いずれにしましても、簡単に覚えるならば「査閲」とは「実際に調べること」となります。

「承認」とは?

「承認」とは、ある事柄が「正当である」と判断することを言います。

言葉の意味として、他に「相手の言い分を聞き入れること」というものもあります。

仕事においての「承認」とは、何か提出した書類、会議に上がった内容などを「もっともなことだ」「正当だ」と判断するという意味合いになります。

つまり「承認される」とは、仕事の正当性を認められるということですから、いい意味であると解釈します。

「査閲」と「承認」の違い!

「査閲」「承認」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は、あまり日常的な会話では使うことはないかもしれません。

ですが仕事など、文書、書類の提出において出てくる用語ですので、しっかり覚えておくようにしましょう。

まず「査閲」とは何かと言いますと、実地に調査をして、基準、規程に合っているかどうかを調べあらためることを言います。

どこか、物々しい意味合いがある言葉ですが、簡単に言うならば、内容が本当かどうか、実際に調べてくる、合っているか確認をとるといった、ことになります。

例えば、提出された書類などに書いてあることを鵜呑みにするのではなく、確認作業をとる、このような行動が「査閲」です。

一方の「承認」とはその事柄が正当であるという判断をすることを言います。

仕事の場合は「合格」「OK」「認める」、簡単に言えばそのような意味合いとなります。

順番としては、何か文書を提出する、「査閲」する、「承認」する、もしくは「承認」しないといった流れになるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「査閲」「承認」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

「査閲とは実際に調べること」「承認は正当であると判断すること」と覚えておくようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典