スポンサーリンク

「栄える」と「繁栄」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「栄える」と「繁栄」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、栄えると繁栄の違いについて分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

栄えるとは?

栄えるとは、勢いが増し、栄えていく様を意味しています。

国が栄える、村が栄えるというように、人々が住む場所がより多くの人が住み、経済を動かし、国が栄えている様を意味している言葉でもあります。

国が栄えることでそこに住む住人の生活も豊かになり、人々は結婚し、子供を産むことで人口が増えてゆく。

そして、人口が増えて国が潤うというサイクルが満たされる状態を栄えるともいうわけです。

また、立派に見えるという意味合いもあるこの言葉は、街に高層ビルや高級マンションが立ち並び、車が行き交う活気のある街に立つ建物は立派であるところが飛びぬけて目立ち、栄えます。

人々が多い都市部には大学や専門学校もあり、若者が集まるのでとても勢いがあり、元気な様子もより街が栄えているように見える一因となっています。

繁栄とは?

繁栄とは、さらに栄えて発展することを意味しています。

社会の繁栄や子孫が繁栄するというように、その場所が文化や人の営みが盛んになり、家族が増えていく様を意味しています。

また、事業が繁栄することで経済が潤い、さらに事業が発展する。

さらに経済が発展することでそこに住む人々の明日を切り拓き、社会の繁栄にも繋がっていきます。

社会が繁栄すると人々の心にも余裕が生まれますので、結婚し、子供を作る未来を作っていける社会にもなるのです。

ビジネスシーンでも使われるときは、会社を繁栄させるリーダーになることが大事です。

仕事ができる組織を作るのも社員の繁栄があってこそ。

社員を褒めて、その能力を引き伸ばすことで会社の業績にも力を発揮できる社員となっていきます。

栄えると繁栄の違い

栄えると繁栄の違いを、分かりやすく解説します。

人々が一から街の基盤を作り、経済を豊かにしていき、そこに住む人々の生活も豊かになっていくことが栄えるで、そこからさらに経済を豊かにして社会が繁栄し、人々が結ばれて子供を産み、増えてゆくことを繁栄するという違いがあります。

また、栄えるは街や経済が豊かになるのに対して、繁栄はどちらかといえば人に焦点を当てている点が違います。

栄えるの例文

・『ここは文明が栄えた都市国家だった』
・『栄えるということは国の存続にも繋がる』
過去に栄えた街がそこにあったことを表すとき、文明が栄えたと過去形として表現するときにも使われている言葉です。

また、人々が集まる都市が栄えることで経済も潤い、国が成り立っていくことで明るい未来を作り出せるとアピールする例文になります。

繁栄の例文

・『繁栄は国の未来にも繋がる』
・『子孫繁栄』
人々が繁栄してこそ国が潤い、経済も破綻せずに未来にも残る国になります。

また、子孫繁栄は家族の血を途絶えさせないことにもなり、その一族を未来に残していけます。

まとめ

人が集ってこそ経済が栄えていき、人々の生活も満たされてゆくことになります。

人がいるからこそ経済が成り立ち、社会も成り立つ。

そんな人々が多く住む都市部は活気があり、日々、文化も文明も栄えていきます。

そんな場所が増えていけば、日本という国もますます栄えて、他国から信頼と信用を集める国家に成長するわけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典