スポンサーリンク

「根性」と「度胸」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「根性」と「度胸」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「根性」「度胸」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「根性」とは?

その人の本来的に盛っている性質を意味する「根性」

あるものの特有の性質といった意味もあります。

また、物事に対しあくまでもやり通す、たくましい精神といった意味もあり、非常に強い精神力を示す言葉となります。

このような意味から「根性」は、「ガッツ」「肝っ玉」「勇敢さ」「気骨」などと言い換えることができ、英語で「根性」は、「Guts」です。

「根性」の使い方

「根性」は、「根性がある・ない」「根性の腐った」「根性の曲がった」「根性の悪い」「根性を見せる」などといった使い方をはじめ、「根性論」「野次馬根性」「ひがみ根性」などといった言葉もたくさんあります。

「度胸」とは?

物事を恐れない心、気後れしない精神力を意味する「度胸」

何事にも動じないといった強い心や肝っ玉が大きいといった意味となります。

何か怖い、恐ろしいと思うようなことがあっても動じることなく行動できる勇気、誰もが緊張するような大舞台でも緊張せずに立ち向かうことができる精神力。

これらが「度胸」です。

このような意味から「度胸」は、「勇気」「大胆不敵」「チャレンジ」「大胆」などと言い換えることができ、英語で「度胸」は、「courage」です。

「度胸」の使い方

「度胸」は、「度胸がある・ない」「度胸を付ける」「度胸を据える」といった使い方をはじめ、「度胸試し」「度胸のある人」などといった言葉があります。

「根性」と「度胸」の違い

人が持つ精神のことを意味する言葉といった共通点がある「根性」「度胸」

そのうえで、「根性」は、人が持っている本来の性質といった意味があり、そして、たくましい精神、強い精神といった意味があります。

一方、「度胸」は、物事を恐れない、気後れしない精神といった意味があり、「根性がある」「度胸がある」とでは、その中身が、たくましい精神力があるのか、気後れしない精神力があるのか、といった違いがあります。

「根性」の例文

・『受験を制する生徒の多くは、根性のある生徒だと私は思う』

・『今の子供に根性論ばかり言っても、どうも、心に響かないようです』

・『少しの失敗で夢を諦めるなんて、本当に君は根性なしですね』

・『私は、野球人生で培った根性だけには自信があります』

「度胸」の例文

・『男性の僕より女性の彼女の方が、度胸はあるような気がします』

・『これほど、大切な会議に遅刻してくるなど、対した度胸だね』

・『久しぶりに上司に意見を言う度胸の据わった社員に出会った』

・『大舞台でも緊張せずに練習通り行うことができる彼は度胸のある奴だ』

まとめ

以上が「根性」「度胸」の違いです。

精神力という意味では同じですが、どのような精神力を示しているのか、そのような違いがある言葉となり、適した使い分けが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典