スポンサーリンク

「検定」と「試験」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「検定」と「試験」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「検定」「試験」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の意味や違い、使い方までを把握して、自分で適切なシーンにて活用してみてください。

スポンサーリンク

「検定」とは?

最初に「検定」についてご説明致します。

「検定」の意味としては、基本的にある程度の基準を定めます。

その定めた基準において検査を実施し、合否を決めるというものです。

一般的に広く認識されているのが、資格検定等が分かりやすいことでしょう。

是非とも把握しておいてください。

「試験」とは?

次は「試験」について説明していきます。

「試験」の意味とは、一般的に学校でのテストや考査を想像すると分かりやすいのです。

まさに学校での試験等で使う意味合いが強いものになります。

また、出来上がった試作品等をテストパイロットやテストドライバーが試乗し、性能や改善の必要性があるかどうか等を検査する際にも使われますので、覚えてください。

「検定」と「試験」の違い

ここの項目では「検定」「試験」の違いを解説していきます。

基本的に「検定」「試験」の違いは、上で解説した意味に照らし合わせてみてください。

すると、どのようなケースの時に使うのか。

具体的な使い方が見えてくるものです。

前者の「検定」の場合は、資格検定の意味合いが強いという事を押さえておいてください。

また、ある程度の基準を設けて、その基準をもとに検査して合否を決めるというものです。

一方で「試験」というのは、学校の「試験」等で使う意味合いが強いのです。

そして、出来上がった試作品に対して検査をした時に、改善点の有無を調査する際にも使いますので、覚えておいてください。

以上が「検定」「試験」の違いとなります。

よく覚えておくと、適切に使いわけられることでしょう。

「検定」を使った例文

ここでは「検定」を使った例文を解説していきます。

・『パソコン検定を取得した』
・『前回の検定は不合格だったので、今回は合格したい』
・『検定に際して勉強してきました』
・『この間、漢字検定を受けてきました』
・『この商品を一度、検定してみたいと思っている』
以上が「検定」を使った例文となりますので、是非とも把握しておいてください。

「試験」を使った例文

次は「試験」を使った例文を書いていきます。

・『明日は学校の試験なので緊張している』
・『試験会場は家から徒歩10分程度で到着できる』
・『零戦を試験した結果として、防御力が足りないと言われている』
・『試験の結果としては、恥ずかしながら決して良い結果ではなかった』
・『試験勉強をサボッてしまったので自信がない』
以上が「試験」を使った例文になりますので、適切なシーンで利用してみてください。

「まとめ」

まとめとしては、「検定」とは資格取得の色が強い場合に使われます。

また、ある程度の基準を決めて、その基準をもとにして検査して合否を出す際にも使います。

そして、「試験」とは学校の「試験」の意味合いが強いのです。

その他には、試作品等が出来た時に、その試作品を検査する際にも使いますので、覚えておいてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典