スポンサーリンク

「検察」と「警察」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「検察」と「警察」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

治安を守る仕事に「検察」「警察」があります。

この記事では、「検察」「警察」の違いを分かりやすく説明していきます。

憧れのお仕事を、くわしく見ていきましょう。

スポンサーリンク

「検察」とは?

検察とは、検察庁で働いている人のこと。

警察官が捕まえた犯人をくわしく調べて、裁判にかけるべきか、許してあげるか決める仕事です。

具体的には事件の背景について調べて、犯人の証拠をひとつひとつ集めていきます。

調べている途中で犯人に釈放の余地があると判断すれば、不起訴(起訴しないこと)の処分にすることもあります。

検察庁は区検察庁から、最高検察庁まで色々あります。

北海道から九州まで地方におかれた検察庁もあり、採用されるといずれかの検察庁に派遣されます。

多くの人が安心して暮らせるように努力する、まさに縁の下の力持ちのような仕事です。

「警察」とは?

警察とは、事件が起きたらまっさきに現場に急行する人のこと。

悪い人がいないかパトロールをし、110番通報があればいち早く住民のもとに駆けつけます。

また逮捕をおこなったら警察署にて「なぜ事件を起こしたのか」被疑者をくわしく取り調べて、真相を解きあかしていきます。

警察で働くためには、国家公務員の試験を受ける必要があります。

警察官と警察行政職員のどちらを受けるか決めて、合格点以上であれば警察学校への入学がゆるされます。

警察学校では、警察官としてあるべき知力と体力をやしないます。

警察学校でスキルを積んだあとは、いよいよ新人警察官としての任務がスタート。

先輩警察官と一緒に、街の治安をまもる仕事をおこないます。

ときには命の危険をともなうこともありますが、その分大きなやりがいが実感できる仕事です。

被害者の心の痛みに寄り添いながら、地域の平和のために貢献していけます。

「検察」と「警察」の違い

とてもよく似ているのが、検察と警察のお仕事です。

「検察」「警察」の違いを、分かりやすく解説します。

・警察の仕事を、手助けするのが検察 検察も警察も、どちらも事件について調べる仕事。

傍から見ると、同じような職種に見えることもあります。

凶悪事件が起きたときに、まず現場に行くのが警察。

そして犯人を捕まえるのも警察の仕事です。

また犯人を捕まえたあと、犯人や事件にまつわる情報は警察から検察にまわされます。

検察は警察が取り調べをした資料をもとに、犯人が有罪なのか無罪なのか、さらに調査していきます。

そして裁判所に起訴すべきか、不起訴処分にすべきか決めます。

パトロールをおこない、犯人をつかまえるのが警察。

犯人と思しき人を、罪にあたるか調べるのが検察です。

まとめ

「検察」「警察」の違いを分かりやすく、まとめてお伝えしました。

どちらも社会の治安をまもる重要な職種です。

検察は検察庁に勤める人。

警察は警察官のことです。

警察が捕まえた犯人をさらに調べて、起訴した方がいいのか不起訴にした方がいいのか、最終的に決めるのが検察です。

違いを知って、仕事選びのヒントにしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典