「楽しくない」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「楽しくない」

楽しくないという表現は形容詞「楽しい」の連用形である「楽しく」に打ち消しの助動詞「ない」をつけた形になります。

面白くない、愉快ではない、などといった意味があります。

学校が楽しくない、仕事が楽しくない、授業が楽しくない、などといった形で使われます。

「楽しくない」の意味

楽しくないという言葉はあちこちで利用することができる単語であり、基本的に楽しいという表現を打ち消す言葉として使われます。

それ以外にも面白くない、愉快ではない、などという意味も持っています。

「楽しくない」の言葉の使い方

楽しくないという言葉は日常的に使われることが多く、ビジネスではあまり使われません。

自分がやっていることに対して関心が持てない、などという時に使うことができる表現です。

「楽しくない」を使った例文・短文(解釈)

それならば、楽しくないという言葉を使うとどのような文章になるのでしょうか。

ここでは楽しくないという言葉を使った例文をいくつか紹介します。

「楽しくない」の例文1

「今英会話を習いに行っているんだけれど、授業が楽しくなくて、英語が楽しいと思えないんだ」

グローバル化が進んだことにより、英語を学びたいと思う人も多いのではないでしょうか。

しかしその一方で英会話学校等の選び方を間違えてしまうと授業が全然面白くないなどということもあるかもしれません。

自分にあったレベルの英会話学校を選んでいるかどうか、自分の合ったスタイルの授業に参加できているかどうか、ということが大切になります。

ディスカッションが苦手なのに大人数のクラスに参加してしまえば英会話はどんどん嫌になってしまうかもしれません。

自分が楽しめる方法を探ることも大切です。

「楽しくない」の例文2

「仕事は楽しくないと意味がないよ、仕事が楽しければ人生の半分を楽しんだ」

仕事はぜひ楽しんでやりたいものですよね。

確かにお金を稼いで生活をする糧になるものではありますが、だからといってつまらない仕事をしていても嫌になるだけでしょう。

それよりも仕事を楽しくすることができれば楽しくお金を稼ぐことができ、さらに人生の半分は楽しくなります。

働いている時間はとても長いのですから、働いている時間が楽しいと思えれば人生のかなり長時間を楽しいと思えるようになるのです。

むしろそれだけの時間を楽しくないと感じたら非常にもったいないですよね。

「楽しくない」の例文3

「息子はバスケ部を始めたけれど、なんだかあまり楽しくないみたい。もう少し長く続ければ楽しくなるよと教えているんだけれど」

何か新しいことを始めた時、軌道に乗る前はあまり面白くないと感じることもあるでしょう。

いざ軌道に乗ってやり方がわかるようになればそれなりに楽しいと感じるものですが、まだまだよくわからない、自分は上手にできない、などという事は楽しくないと思っても仕方がありません。

しかし、ここでやめてしまうとそもそも上達はしません。

長続きさせてきちんと学び、上達させることができてこそ、身に付くのです。

その頃には楽しいと思えるようになるでしょう。

「楽しくない」の例文4

「年下の子供たちと遊んでも楽しくないよ、やっぱり同年代と遊びたいよね」

子供の頃は様々な年齢の子供たちと一緒に遊びますよね。

しかし、大きくなるに従って年下の子供と遊んでも面白くない、楽しくない、と感じるようになるのは普通のことです。

よりダイナミックなことをしたいと思うようになりますから、小学生ぐらいになると同年代や年上の子供たちと遊びたいという欲望を持つようになるのです。

それは成長の一環ですので一般的なことだと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典