「概要」と「摘要」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「概要」と「摘要」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「概要」「摘要」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「概要」とは?

「概要(がいよう)」とは、「全体の重要なところを取りまとめたもの・物事の要点だけをまとめたもの」のことを意味している言葉です。

「概要」という表現には、「物事の大まかな内容」「大体のあらまし・おおよその内容」といった意味合いもあります。

例えば、「講義の概要を理解すれば、テストでは点が取れます」「その本の概要を書いて送ってください」などの例文で使用することができます。

「摘要」とは?

「摘要(てきよう)」とは、「要点を抜き書きすること・要点を抜き出したもの」のことを意味している言葉です。

「摘要」という表現には、「大事な部分だけをかいつまんで手短に話すことや示すこと」といった意味合いもあります。

「摘要」「要」「大切なところ・大事な部分」を意味していて、「摘」には「選び出す・抜き出す・かいつまむ(つみ取る)」の意味があります。

「摘要」には、「会計の帳簿などにおいてその情報だけで取引内容を知ることができる要点」や重要度の高い主たる情報」という意味のニュアンスがあります。

「概要」と「摘要」の違い!

「概要」「摘要」の違いを、分かりやすく解説します。

「概要」「摘要」の言葉は「重要な部分だけ注目して抜き出す」という意味では共通していますが、「概要」「書籍(本)・講義・談話などの重要な部分」に対して使われることが多く、「摘要」のほうは「会計(経理)の帳簿や伝票・事務的な書類などの重要な部分」に対して使われることが多いという違いがあります。

一般的に「物事や書籍などの要点を取りまとめたもの」について述べるときには、「摘要」よりも「概要」を使用することが多いのです。

また「概要」には「物事・書籍などの大まかな内容」「物語の大体のあらまし」といった意味がありますが、「摘要」にはそういった「大まかな内容・あらましの意味合いがない」という違いも指摘できます。

まとめ

「概要」「摘要」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「概要」とは「物事の要点だけを取りまとめたもの」「物語・物事の大まかな内容」を意味していて、「摘要」「要点だけを抜き書きすること・選び出すこと」「重要なところだけをかいつまんで話すこと」を意味している違いがあります。

「概要」「摘要」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典