スポンサーリンク

「機能」と「役割」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「機能」と「役割」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「機能」「役割」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「機能」とは?

最初に「機能」(きのう)の意味をご説明致します。

「機能」とは、対象となる物が持っている働きや、役割のことです。

「役割」とは?

次は「役割」(やくわり)の意味を解説していきます。

「役割」とは、自分などに割り当てられた役目になります。

また、世の中で期待されている人物の働きなどを指すときにも使われます。

「機能」と「役割」の違いとは?

ここでは「機能」「役割」の違いを取り上げてみましょう。

「機能」は、その物が持っている本来の役目や働きです。

「役割」の場合、割り当てられた役目を指したり、期待や注目されている者の行いを指します。

「機能」と「役割」の使い方の違い

続いて「機能」「役割」の使い方の違いを説明します。

「機能」を使うときは、物の持っている本来の働きなどを表現するときです。

「役割」の方は、自分に回ってきた役目でしたり、期待を集めている人の働きを表す時に使っていくことが多いのです。

前者の例文

「リモコンが機能しなくなってしまった」

「エレベーターが正常に機能するように、定期点検をしているようだ」

後者の例文

「自分の役割はタイピングで資料を作ることです」

「メディアに出る彼の役割は、国民を元気づけることだ」

「機能」と「役割」の英語表記の違い

次は「機能」「役割」の英語表記の違いを書きます。

「機能」を英語にすると、“function”になります。

また、「役割」の場合は、“role”です。

それぞれの例文を書いていきます。

前者の例文

「Factory is functioning」(工場が機能している)

「The clock is functioning」(時計が機能している)

後者の例文

「His role is to give hope to everyone」(彼の役割は、皆に希望を与えることだ)

「The role I’ve been around is to give a presentation」(自分にまわってきた役割は、プレゼンすることだ)

「機能」を使った例文

続いては「機能」を使った例文を書いていきます。

・『このロボットは言語機能も搭載されています』

・『エンジンが機能していない』

・『肝臓の機能が低下しているとのことで、薬が処方されました』

・『会社が機能しないのは、従業員にとって非常に困ることだ』

・『コンポが正常に機能している』

「役割」を使った例文

最後に「役割」を使った例文を書きます。

・『自分の役割を自覚する必要がある』

・『アーティストの役割は、夢を与えることなんだ』

・『与えられた役割を、中々遂行できない人もいるものだ』

・『警察の役割は、市民の生活を守ることだ』

・『自分の役割として、会議の進行役がまわってきました』

まとめ

まとめとして、「機能」は、対象になる物が、本来持っている働きや役目を指しております。

「役割」の方は、自分にまわってきた役目や、皆から注目を集めている人物の働きなどを表す時に使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典