スポンサーリンク

「欠勤」と「無断欠勤」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「欠勤」と「無断欠勤」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「欠勤」「無断欠勤」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「欠勤」とは?

「欠勤」とは、会社に申し出をして労働者側の事情で会社をお休みする行為を指します。

その為、「欠勤」は本来の労働基準法に照らし合わせた場合、労働者は労働の義務がありますのでそれを放棄したとみなし、「欠勤」を申し出たものに対しては、放棄した分お給料の支払いを減らすという対処が会社側は可能です。

「欠勤」の使い方

「欠勤」の使い方ですが、会社に家庭の事情や会社を休まざるを得ない事情を説明することで会社側に出社ができないことを認めてもらうことができれば「欠勤」となります。

ですが、会社側があなたはやむすべきではないと言われた場合、どの様な家庭の事情、例えば家族が大けがを負ったなどの理由や誰かが亡くなったということがあっても出社しなければなりません。

「無断欠勤」とは?

「無断欠勤」は会社に対して何故休まないとならないのかを説明せず、無断で休むことです。

この行為は、問題があり一つは正当性がある理由で会社を休むことを申し出ていないことです。

理由なく、会社を休む行為は労働基準法により会社を休むには理由を必要としているため、会社側は理由なく会社を休んだものに対しては大きなペナルティを課すことが可能です。

「無断欠勤」の使い方

「無断欠勤」の使い方は、会社に対して何の連絡もすることなく無断で会社をお休みすれば成立します。

ですが、注意点は、何故会社を休む必要性があるかを説明してませんので会社を休んだことのペナルティは大きいです。

その為、「無断欠勤」は使うべき手段ではなく、その理由は、会社に対し、労働者側の印象が悪くなるため使うべき手段ではありません。

「欠勤」と「無断欠勤」の違い

「欠勤」は自己の理由を述べたうえで会社側から会社へ出勤をするという行為を一時放棄することを認められたことを指し、「無断欠勤」は理由すら述べず労働者側の都合でかってに休むため、違いは認められた労働者側の休みであるかそうではないかです。

その為、両者ともに会社側が労働者に対して休むことを了承しなかった場合、両者ともに出勤しなければならないのですが、「無断欠勤」はそれを完全に放棄しているため、会社が労働者に持つ印象は「無断欠勤」の方が悪い印象を持ちます。

まとめ

「欠勤」「無断欠勤」の違いは労働者側が会社に対して理由を述べて会社を休むことを許可してもらうか許可を得ないで労働者側の都合で会社に理由すら述べず休むかという違いです。

その為、「無断欠勤」の方が完全に会社が労働者に持つ印象派悪く、正当性がある理由を聞いてないため、労働者に対して大きなペナルティをつける権利があります。

例えば、給料の大幅減や会社に出社することを禁止し、その間は給料の支払いを行わないなど会社側が労働者に対し、大きなペナルティを課すことができるのが「無断欠勤」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典