スポンサーリンク

「正の感情」と「負の感情」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「正の感情」と「負の感情」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「正の感情」「負の感情」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「正の感情」とは?

「正の感情」とは、ポジティブな感情のことです。

喜びや楽しさ、心地よさや落ち着き、幸福感や満足感など、快感や安らぎを伴う感情のことを「正の感情」と言います。

明るい気持ちのことです。

「負の感情」とは?

負の感情とは、ネガティブな感情のことです。

悲しみや寂しさ、孤独感や不快感、焦りや情けなさ、不安や憂鬱など、嫌な気持ちになってしまう感情のことを「負の感情」と言います。

暗い気持ちのことです。

「正の感情」と「負の感情」の違い

「正の感情」「負の感情」の違いを、分かりやすく解説します。

「正の感情」はポジティブな感情です。

喜びや幸福感などのことを指し、それらの感情は自分を委縮させません。

楽しい気持ち、安らかな気持ち、生活に希望が持てる気持ちが「正の感情」です。

一方、「負の感情」はネガティブな感情です。

悲しみや孤独感などのことを指し、それらの感情は自分を委縮させてしまいます。

何かを嫌に思ったり、何かから逃げたいときに抱かれるのが「負の感情」です。

まとめ

「正の感情」はポジティブな感情です。

喜びや幸福感など、明るい気持ちのことを指します。

「負の感情」はネガティブな感情です。

悲しみや不安など、暗い気持ちのことを指します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典