スポンサーリンク

「正の感情」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「正の感情」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「正の感情」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「正の感情」の意味

前向きで明るい気持ちになる心の働き

「正の感情」の解説

「正の感情」「せいのかんじょう」と読みます。

意味は「前向きで明るい気持ちになる心の働き」です。

「正の感情」は、「負の感情」に対する言葉として作られた言葉で、はっきりとした定義はありません。

しかし「負の感情」が、「恨みや嫉み、嫉妬や憎しみなど、ものごとを悪く考える心の働き」であることから、対極の感情であり「喜びや楽しみ、希望など、ものごとを良く考える心の働き」として使われることが多くなります。

ビジネス用語で「ポジティブシンキング(プラス思考)」という言葉がありますが、この考え方により生じる、明るい気持ちに導く心の働きを表す言葉です。

「正の感情」の使われ方

「正の感情」は、「負の感情」に相対する言葉として使われます。

「負の感情を持つよりは正の感情を持った方が得だ」「負の感情も正の感情も正しい人の心理である」などと使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典