スポンサーリンク

「正本」と「副本」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「正本」と「副本」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「正本」「副本」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「正本」とは?

「正本(せいほん)」とは、「原本(げんぽん)を元に作成したもので謄本の一種」「公的書類において原本と同じ効力を持つもの」を意味しています。

「正本」は、「同一内容の公的文書を複数作成した場合に、官公署に提出するもの」といった意味合いもあります。

「副本」とは?

「副本(ふくほん)」とは、「正本を元に作成した公的文書」「正本と対になっている写しの文書」を意味しています。

「副本」は、「同一内容の公的文書を複数作成した場合に、写し・手控えにするもの(提出する場合もあるが、原則として提出せずに手元に残すもの)」といった意味合いもあります。

「正本」と「副本」の違い!

「正本」「副本」の違いを、分かりやすく解説します。

「正本」「副本」はどちらも「公的文書の種類」を意味していますが、「正本」とは「原本(オリジナル)を元に作成された原本と同じ効力を持つ公的文書」であり、「副本」のほうは「正本を元に作成された公的文書」であるという違いがあります。

「正本」「官公署に提出する目的で作成される公的文書」を意味していますが、「副本」のほうは「自分の手元に残す写し・手控えの目的で作成される公的文書」を意味している違いも指摘できます。

まとめ

「正本」「副本」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「正本」とは「原本を元に作成した謄本の一種・作成した同一内容の複数の書類のうち、官公署に提出するもの」を意味していて、「副本」「正本を元に作成した書類・作成した同一内容の複数の書類のうち、写し・手控えにする予備的なもの」を意味している違いがあります。

「正本」「副本」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典