スポンサーリンク

「歯ごたえ」と「食感」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「歯ごたえ」と「食感」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「歯ごたえ」「食感」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「歯ごたえ」とは?

「歯ごたえ」「はごたえ」と読み、以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は元の意味で「物を噛んだ時に、歯に返ってくる感覚」になり、「歯ごたえのある煎餅」などと言います。

一般的に食べ物を噛んだ時の感想を表す時に使われ、「歯ごたえがない」という場合は柔らかい状態であることを表します。

2つ目は上記から転じて「確かな反応があること」という比喩的な意味で、「歯ごたえのある相手」などと言います。

ある程度実力があり、仕事などで張り合えたり、理路整然と受け答えて出来る人に対して使われます。

「歯ごたえがない相手」という場合は相手が実力不足で、物足りないことを表します。

「食感」とは?

「食感」「しょっかん」と読みます。

意味は「食べ物を口に入れた時に、口や喉などに受ける感覚のこと」です。

食べ物を食べた時に感じる歯触りや舌触り、のど越しなどのことです。

「歯ごたえ」「歯にかかる圧力」ですが、「食感」「歯応え」だけではなく、その食べ物を食べた時のあらゆる感覚を表す言葉です。

「良い・悪い」「ある・ない」ではなく、「柔らかい」「硬い」「ふんわり」「しっとり」など、人により様々な表現があるのです。

「歯ごたえ」と「食感」の違い!

「歯ごたえ」「物を噛んだ時に、歯に返ってくる感覚」「確かな反応があること」です。

「食感」「食べ物を口に入れた時に、口や喉などに受ける感覚のこと」です。

まとめ

今回は「歯ごたえ」「食感」の違いをお伝えしました。

「歯ごたえ」「歯に返ってくる感覚」「食感」「食べた時の感覚」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典