スポンサーリンク

「毎週」と「隔週」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「毎週」と「隔週」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「毎週」「隔週」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「毎週」とは?

1週間ごとを意味する「毎週」

「毎週」の場合、示す単位は「週」です。

その「週」で区切りをつけ意味する言葉となるため、必ずしも「毎週」が月曜日でなければいけない、日曜日でなければいけない、といったことはありません。

「週」は、単位として表すことができ、その単位は日曜日から月曜日の7日間となります。

そんな「週」に、「毎回」といった意味を持つ「毎」が加えられ、週単位を意味する「毎週」という言葉が成り立っています。

「毎週」の使い方

「毎週」の使い方としては、「毎週火曜日放送」「毎週3回のジョギング」「毎週のメニュー」「毎週のように」「毎週発行の雑誌」「毎週の訪問」「毎週1回」など、「毎週」何が行われるかを意味する使い方が多くなります。

「隔週」とは?

1週間おきを意味する「隔週」

「間隔」「隔」が用いられることからもわかるように、「週」という区切りの中に1週間の間隔があるといった意味となります。

そのため、「隔週」は、2週間に一度訪れるものとなります。

例えば、「隔週の日曜日」なら、今週がその日曜日の場合、次に訪れる日曜日は、1週間、間を開けた2週間後の日曜日となります。

「隔週」の使い方

「隔週」の使い方としては、「隔週土曜日放送」「隔週での参加」「隔週更新される」「隔週での出演」「隔週交代」「隔週発行の雑誌」「隔週の訪問」など、「隔週」何が行われるかを意味する使い方が多くなります。

「毎週」と「隔週」の違い

同じ「週」を単位とする「毎週」「隔週」ですが、その間隔に大きな違いがあります。

「毎週木曜日」「隔週木曜日」とでは、まったく異なった意味となり、「毎週木曜日」の場合、1週も休むことなく、木曜日の度にその予定などが実行される一方、「隔週木曜日」の場合は、1週間休みを取り、また、その翌週の木曜日に予定などが実行されるということになります。

そのため、「毎週」なのか、「隔週」なのかの確認は非常に重要です。

「毎週」の例文

・『毎週月曜日のドラマを見ることが、私の今の楽しみです。』

・『毎週土曜日、娘を県外のバレエ教室まで往復2時間かけて送迎しています。』

・『保育園に入ったばかりの息子が毎週のように熱を出し困っています。』

・『どれだけ仕事が忙しくても、毎週日曜日には彼と会う時間を作るようにしています。』

「隔週」の例文

・『持病があるため、隔週で仕事を休み大学病院に行かなければいけません。』

・『飲み会好きの先輩からの誘いを責めて、毎週ではなく隔週に減らしてほしいと願っています。』

・『私が住んでいる地域では、隔週の火曜日が資源ゴミです。』

・『姑の隔週での訪問。せめて、月に1度にしてほしいです。』

まとめ

以上が、「毎週」「隔週」の違いです。

勘違いしていると、約束を守ることができないといったトラブルも発生するため、必ず違いを理解し用いることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典