スポンサーリンク

「毒プリ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「毒プリ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「毒プリ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「毒プリ」とは?意味

「毒プリ」とは本人は未婚の独身だけれど、既婚者の相手と恋愛関係、または肉体関係にあって不倫している人を指します。

特に既婚者の男性と関係を持っている独身女性を指すことが多い言葉です。

プリという文字がどことなくかわいい雰囲気を感じさせるかも知れませんが、悪意を込めて使われ、決してかわいい印象を与える表現をしようという意図で使われることはありません。

基本的には自分の配偶者と関係を持った憎い相手という意味で使われたり、一応悪いことをしているという自覚を持っている人が自虐的に使う言葉が「毒プリ」です。

「毒プリ」の概要

「毒プリ」は2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の既婚者が集まる掲示板で生まれた言葉です。

2チャンネルには元々の言葉をあえて捩った言葉にして専門用語にして使う文化があり、浮気相手や不倫相手を指す言葉として、不倫を捩ってプリンにしそれを省略したプリという言葉がありました。

それに独身を捩り短縮して毒という文字を付けたのが「毒プリ」です。

「毒プリ」の言葉の使い方や使われ方

既婚女性と関係を持つ男性を指す言葉は日本語として既にあるので、「毒プリ」は基本的に、既婚男性と関係を持った女性に対して使われることがほとんどです。

また「毒プリ」という言葉を使うのも、公的な場以外で不倫や浮気に関わる話題の時だけに限られます。

「おじさん好きだった知人が毒プリだった」「実は彼は既婚者で、自分は知らない内に毒プリになってたらしい」という形です。

浮気や不倫は当然悪いことですが、特に相手へ憎い気持ちを込めたり、自分が悪いことをしていた、あるいはしていると自覚して使われます。

「毒プリ」の類語や言いかえ

2ちゃんねるの不倫関係スレッドは専門用語が多いので、類語も多く存在します。

まず浮気相手のことは独身か否かを区別せずに「プリ」と呼ぶことも多いですし、妻と浮気した男性に対しては一般的な日本語である「間男」という言葉を使うことがほとんどです。

この2つは「毒プリ」と同じように不倫相手という意味で使われる言葉として、より近い類語と言えるでしょう。

他の同じスレッドで作られたという共通点を持つ類語としては、浮気した既婚者は男性なら「シタ夫」、女性なら「シタ妻」と呼ばれますし、逆に浮気された側を指す「サレ夫」「サレ妻」があります。

また不倫相手が独身ではなく既婚者だった場合、女性なら既婚女性を略して既女を捩った「鬼女」、男性は鬼女にちなんだ「鬼男」です。

まとめ

浮気や不倫は公の場で話すようなことではありませんし、「毒プリ」という言葉も基本的に悪い意味合いの言葉なので、どこでも気軽に使えるようなネットスラングではありません。

「毒プリ」という言葉を使いたいなら、場所や相手に問題ないかを考えた上で使うべきでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典