「気合を入れる」の意味とは!類語や言い換え

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「気合を入れる」とは?

「気合を入れる」というのは他人のやる気を奮い立たせる、ハッパをかける、激励する、という意味になります。

緊張感を高めて精神を集中する時にも「気合を入れる」という表現が使えますね。

月曜日など、職場に行っても気合が入らず、なんだかダラダラしてしまうという人もいるのではないでしょうか。

どうしてもたるんでしまう、集中できない、という場合、「しっかり集中して」などと言われた経験を持つ人もいるかもしれません。

このようなものが「気合を入れる」ということになります。

緊張感を持つ、やる気を出す、という意味で使われます。

「気合を入れる」の読み方

「気合を入れる」という表現は「きあいをいれる」と読みます。

よく使われる表現ですのでぜひ覚えておきましょう。

「気合を入れる」の表現の使い方

月曜日は仕事に行っても集中できない、金曜日の午後になると早く家に帰りたくてだらけてしまう、などという人もいるのではないでしょうか。

そんな時に大切な仕事が入ると、「ちょっと気合を入れて頑張ろう」という気持ちになるかもしれませんね。

やる気にならない時、「気合を入れなければ」と感じる人もいるのではないでしょうか。

「気合を入れる」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

「気合を入れる」を使った例文1

「気合を入れて勉強しなければ合格できないですよ」

試験などを受ける時、ある一定の点数を取らなければいけないということもあるのではないでしょうか。

英検や漢検などは合格しなければいけないですから、それなりに勉強が必要になる場合もあります。

特にしっかり勉強しなければいけない時、「気合を入れて勉強しよう」などと思うのではないでしょうか。

「気合を入れる」を使った例文2

「息子は気合を入れて勉強したけれど、試験には合格できませんでした」

気合を入れて勉強することは大切ですが、気合を入れたからといって合格できるというものではありません。

もしかしたら一生懸命勉強したとしても合格できない可能性もあります。

試験などを控えている場合、計画的に取り組みたいですね。

「気合を入れる」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

「ハッパをかける」

「ハッパをかける」というのは激しい言葉をかけたりして奮い立たせる、気合をかける、という意味です。

「発破をかける」ということもあります。

「激励する」【げきれいする】

「激励する」というのは落ち込んでいた人間を元気にする、元気を出させる、という意味です。

励まして奮い立たせるときにこの表現が使われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典