スポンサーリンク

「気概を感じる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「気概を感じる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「気概を感じる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「気概を感じる」とは?意味

「気概を感じる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「気概」「きがい」と読みます。

「気概」「困難にくじけない強い意志。

気性」
という意味があります。

どのような出来事が起こっても、トラブルに巻き込まれたとしても、負けずに立ち向かい、対処して困難を克服するような気性、意思を意味することになります。

一方で「感じる」には、いくつかの意味がありますが、「気概を感じる」の場合は、「理屈よりも、感性や感受性を通じて、物事を判断すること」という意味が採用されていると考えることができます。

そのため、「気概を感じる」は、「ある人に対して、困難にくじけない強い意志を持っていると判断すること」という意味があります。

「気概を感じる」の概要

「気概を感じる」という言葉には、「ある人に対して、困難にくじけない強い意志を持っていると判断すること」という意味があります。

誰かを判断するとき、その人のそぶり、目の輝きや言動によって、見えないはずの性格を判断することがあります。

「気概を感じる」という言葉を使うときも同様です。

「気概」は、「根性」「優しさ」と同様に、数値にして知ることはできないため、客観的事実ではないでしょう。

しかし、その人が発する雰囲気、言動の感じから、「気概がある」と思った時、「気概を感じる」という言葉を使うことができます。

「気概がある」ではなく、誰かが何となく「感じる」のが「気概」なのかもしれません。

「気概を感じる」の言葉の使い方や使われ方

「気概を感じる」という言葉の使い方を見ていきましょう。

例えば、新入社員を採用するときは、面接をするはずです。

面接時には希望者の「気概」つまり、「困難にくじけない強い意志」があるどうかを判断するかもしれません。

このような場面において「希望者に気概を感じたので、採用したいと思った」などと「気概を感じる」という言葉を使うことができます。

また彼氏が優しいだけでなく、困難にくじけない強い意志があると思えたとき、さらに好きになるかもしれません。

このような様子を「彼氏から気概を感じて、惚れ直しちゃった」などと表現することができます。

「気概を感じる」の類語や言いかえ

「気概を感じる」の類語として「不屈の精神を感じる」という言葉があります。

「不屈の精神」には、「困難な状況でも、くじけずやり通す心。

姿勢」
という意味があります。

「気概」とよく似た言葉です。

このように「不屈の精神を感じる」という言葉には、「困難な状況でもくじけずにやり通す姿勢を感じる」という意味があると考えることができます。

まとめ

「気概を感じる」という言葉について見てきました。

この言葉の意味を知り、人に対する感じ方の語彙を増やしましょう。

誰かに会ったときに感じた自分の思いを、言葉にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典