スポンサーリンク

「永久」と「恒久」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「永久」と「恒久」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「永久」「恒久」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「永久」とは?

いつまでも限りなく続くことを意味する「永久」

物事がずっと変わらない様子を意味する言葉です。

「永久」「永」には、時間的にながいといった意味があり、「久」にも、長い間といった意味があります。

この2つの漢字が加わり、限りなく長く続くといったものとなります。

「永久」の類語には、「永遠」「無限」「不滅」「悠久」などとなり、どれも限りなく続くことを意味する言葉となります。

一方、対義語は、「束の間」となり、意味は、ごく短い時間となります。

「永久」の使い方

「永久」を用いた言葉には、「永久不滅」「永久不変」「永久的」「永久欠番」「永久保存」「永久中立」「永久歯」などがあります。

「恒久」とは?

ある状態が永く変わらないことを意味する「恒久」

何らかのものが変わらず同じまま続くことを意味し「恒久」の場合、その変わらない状態が安定した状態で変わらないことを意味する言葉となります。

「恒久」「恒」には、いつまでも変わらないといった意味があり、久しく変わらないことを意味しています。

「恒久」の類語には、「未来永劫」「終古」「万古」「恒常」「タイムレス」などがあります。

「恒久」の使い方

「恒久」を用いた言葉には、「恒久平和」「恒久的」「恒久不変」「恒久化」「恒久制度」「恒久対応」などがあります。

「永久」と「恒久」の違い

永く同じ状態が続くことを意味する「永久」「恒久」ですが、それが永遠であるか、全く変わらないのかといった違いで異なります。

「永久」の場合は、決して、永遠に変わらないことを意味するものではなく、ある程度の変かは許容範囲内とされます。

一方で、「恒久」の場合は、何一つ変わらない状態で続くことを意味し、「永久」よりも絶対的な安定感のもと、永遠に続くものとなります。

「永久」の例文

・『妻とは、永久不変の愛を誓い結婚しました。』

・『母が誤って、私の大切な永久保存版の録画を消去してしまいました。』

・『この世に永久の愛など存在するのだろうか。私にはわかりません。』

・『期間限定ポイントよりも永久不滅ポイントの方が有難いです。』

「恒久」の例文

・『私の願いは、世界的に恒久の平和が続くことです。』

・『今後、恒久的にオンライン相談やテレワークなどが増えると予想されます。』

・『私はボランティア活動の一環として、恒久平和に向けた運動を行っています。』

・『これからの日本のことを考えるのならば、少子化問題や高齢化問題において恒久的な対策をとっていく必要があります。』

まとめ

「永久」「恒久」の違いは以上です。

「永久」に比べ、少しの変化も許されない、そんな意味を持つ言葉が「恒久」となり、永遠に変化が生じないことに対してのみ「恒久」を用いることが可能となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典