「決心」と「決意」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「決心」と「決意」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「決心」「決意」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「決心」とは?

「決心」の意味と使い方について紹介します。

「決心」の意味

「決心」「けっしん」と読みます。

意味は「自分の思っている事や、考えていることをはっきりとさせること」です。

「決心」の使い方

「決心」は、自分が心に思っている事や、考えていることをはっきりとさせることを言います。

「心を決める」という意味で、「あることをしようとする気持ちを決める」という意味になります。

目の前に解決しなければならない問題がある時に「自分はどの様に行動するか」「それをするべきか」など、自分の立ち位置をはっきりさせる時の表現です。

今すぐにできることをどうするか決めるなど、短期的な問題への心の動きを表します。

「迷った末に行く決心する」など、すぐに行動する時に使われます。

「決意」とは?

「決意」の意味と使い方について紹介します。

「決意」の意味

「決意」「けつい」と読みます。

意味は「自分の意思を固めること」です。

「決意」の使い方

「決意」は、自分の意思や方向性を固めることを言います。

「意思を決定する」という意味で、「何かをしようとする考えを着mる」とい意味になります。

現在悩んでいることや、問題が起きている時に「自分としてはどの様にしていくつもりなのか」など、すぐ目の前の問題ではなく、これからの自分の生き方や行動の方向性を決める時に使われます。

「決意表明」は、選挙で当選した議員や、新入社員などが「これからどの様に社会や会社に貢献していくか」を語ることです。

長期的で、今すぐに結果がでるものではない時に使われる表現です。

「決心」と「決意」の違い!

「決心」「自分の思っている事や、考えていることをはっきりとさせること」です。

「決意」「自分の意思や方向性を固めること」です。

まとめ

今回は「決心」「決意」の違いをお伝えしました。

「決心は短期的なものごとを決める」「決意は長期的なものごとを決める」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典