スポンサーリンク

「決断」と「選択」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「決断」と「選択」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「決断」「選択」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「決断」とは?

「決断」の意味と使い方について紹介します。

「決断」の意味

「決断」「けつだん」と読みます。

意味は「最終的な意志をはっきりとさせること」「善悪の判断を下すこと」です。

「決断」の使い方

「決断」とは、最終的な意志をはっきりとさせることを言います。

はっきりと決めたあと、それに従って行動することまで含みます。

それまで迷っていることが問題になっていることがあり、様々な事情や周囲への影響、将来性などを熟考した上で、最終的にどうするかを決める時に使われます。

似た様な言葉に「判断」がありますが、「決断」の方が個人の意志が強く、最終的な結論となるというニュアンスがあります。

「選択」とは?

「選択」の意味と使い方について紹介します。

「選択」の意味

「選択」「せんたく」と読みます。

意味は「多くのものの中から、最も良いと思うものを決めて取り出しすこと」「教科で選択科目の略」「IT用語で、ある表の中から特定の条件に合うデータを取り出す操作のこと」です。

「選択」の使い方

「選択」は、日常で使う場合は、多くのものの中から、自分の目的や好みに合うものを決めて取り出すことを言います。

自分で結論を生み出すのではなく、最初から幾つかの候補があり、その中から適したものを選ぶ時の表現です。

また、その候補となるもののことを「選択肢」と言います。

「取捨選択(しゅしゃせんたく)」「不要なものを捨てて、必要なものだけを選びとること」という意味の言葉です。

「決断」と「選択」の違い!

「決断」「最終的な意志をはっきりとさせること」です。

「選択」「多くのものの中から、最も良いと思うものを決めて取り出しすこと」です。

まとめ

今回は「決断」「選択」の違いをお伝えしました。

「決断は自分で考えて決めること」「選択は選び出すこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典