スポンサーリンク

「決算」と「決済」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「決算」と「決済」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「決算」「決済」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「決算」とは?

「決算(けっさん)」とは、「企業の一年間(あるいは一定期間)の財務状況や経営成績を財務諸表としてまとめたもの」を意味している経済用語です。

「決算」というのは、「企業が確定申告や情報公開をするために、財務状況・経営成績を具体的な数字でまとめたもの」なのです。

企業の決算方式によっては一年間のスパンではなく、三ヶ月ごとの「四半期決算」や半年ごとの「半期決算」も行われます。

「決済」とは?

「決済(けっさい)」とは、「商品やサービスの売買・取引を完了させること」を意味している経済用語です。

「決済」には、現金で代金を支払う「現金決済」や金融機関に代金を振り込む「振込決済」、クレジットカード・スマホ(QRコード・おサイフケータイのNFCなど)などで代金を支払う「キャッシュレス決済」などがあります。

「決算」と「決済」の違い!

「決算」「決済」の違いを、分かりやすく解説します。

「決算」「決済」は類似したイメージを持たれやすい二つの言葉ですが、それぞれの意味合いはまったく異なっています。

「決算」とは「会社が一定期間の財務や経営実績(利益)を財務諸表として数字でまとめること」を意味していて、「決済」のほうは「商品やサービスの売買取引が完了すること・現金やキャッシュレスで代金を支払うこと」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「決算」「決済」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「決算」とは「企業の一定期間の財務状況や経営成績を財務諸表などの形で数字としてまとめたもの」を意味していて、「決済」「商品の売買・取引を完了させること」を意味している違いがあります。

「決算」「決済」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典