スポンサーリンク

「沈黙」と「黙る」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「沈黙」と「黙る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「沈黙」「黙る」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「沈黙」とは?

「沈黙」には3つの意味があります。

1つめは、口をきかないです。

何かを話していたのに気まずい雰囲気になると、突然言葉を発することをやめてしまうことがあります。

この状態が「沈黙」です。

また、約束を守るといった意味合いもあります。

秘密を打ち明けられて、そのことについて「誰にも言わないでね」と念を押されることがあります。

聞かされた人は、聞いた内容を絶対に口にしないことでしょう。

このことを「沈黙を守る」といいます。

2つめの意味は、音を出さないこと、音がなく静かなことです。

深夜、誰もいない住宅街は、物音が全くといっていいほど聞こえないことがあります。

こういった、ひっそりとしている状態をいいます。

3つめは、活動をせずにそのままの状態でいることです。

これまで精力的に活動していたのに、突然活動をやめてしまう芸能人、音楽家、小説家などがいます。

活動していない期間を「沈黙期間」といいます。

芸能界を引退する、音楽家などの活動を二度とやらないという意味ではありません。

再び活動をするようになったときには「沈黙を破る」といいます。

「沈黙」の使い方

音がしない、活動しないといった意味で使用をします。

ひっそりとした状態を指しています。

「黙る」とは?

「黙る」には2つの意味があります。

一つは、ものを言うことをやめる、泣くのをやめるです。

人の話しを聞くとき、一言も言葉を出さなかったとします。

この場合、「黙って話を聞く」といいます。

質問されたことに対して、どう答えたらいいのかわからないとき、数秒静かなときが流れることがあります。

この場合も言葉を発していない状態を指して「黙る」といいます。

もう一つの意味は、自分の意見や主張を言わないです。

積極的に働きかけないといった意味合いになります。

「黙る」の使い方

言葉を発しないといった意味合いで使用をします。

主に人間の行為をいいます。

「沈黙」と「黙る」の違い

どちらの言葉にも、言葉を出さないという意味を持つ漢字である「黙」が使用されています。

漢字が示す通り、どちらの言葉にも、言葉を出さないという意味があります。

前者の言葉には、音がなく静か、活動せずにじっとしているという意味を持っていますが、この意味は後者の言葉にはありません。

「沈黙」の例文

・『長い沈黙が続く』

・『沈黙されて困った』

・『1年間の沈黙を破る』

・『沈黙が訪れた』

「黙る」の例文

・『黙るクセをやめなさい』

・『何と返事をしたらいいのか困り、一瞬黙る』

・『黙るしかなかった』

・『泣いていた子が突然黙る』

まとめ

どちらの言葉にも、ものを言わないという意味があります。

人間が口から言葉を出すことをやめることです。

「沈黙」には静か、活動しないという意味合いがありますが、「黙る」にはこの意味はなく、その点が2つの言葉の違いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典