スポンサーリンク

「注文住宅」と「分譲住宅」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「注文住宅」と「分譲住宅」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「注文住宅」「分譲住宅」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「注文住宅」とは?

「注文住宅」とは、その名前の通り、住宅の建築を注文し住宅購入を行うものとなります。

土地がある人は、その土地にあった住宅を。

新たに土地を購入する必要がある人は、土地選びから行い、その土地にあった間取り決めや設備仕様などを一から自分と住宅会社とで決めて行くことができる住宅を指します。

このように、「注文住宅」とは、一からすべて自分の希望通りの家を建てることができる、そんな、住宅購入の方法となります。

「分譲住宅」とは?

「分譲住宅」とは、完成した住宅を指します。

既に建物が完成した状態で土地と建物をセットとして販売しているのが「分譲住宅」です。

とは言っても、「分譲住宅」のなかには、完成する前に購入することができるものもあり、その場合、壁紙など多少の範囲ならば希望を受け入れてくれる場合もあります。

「注文住宅」と「分譲住宅」の違い

「注文住宅」「分譲住宅」の違いにおいて、まず、価格の違いですが、「注文住宅」の場合、どうしても、予算通りにいかないといったデメリットがあります。

「注文住宅」の場合、まず、どこのハウスメーカーで家を建てるのか決定し、その後、大まかな予算を伝え、その中で自分の希望を叶える住宅作りが始まります。

その際、どうしても、欲が出てしまうことも多く、その結果、予算オーバーしてしまうことも少なくありません。

その一方、「分譲住宅」の場合、購入する際に明確な価格で購入することが可能です。

土地や建物はもちろん、外構工事などもすべて含み、その価格のみで住宅を購入することができる価格を確認したうえで購入することができるのです。

そのため、あとから、予算オーバーになってしまうといった不安もありません。

価格自体においては、「注文住宅」の方が高い。

「分譲住宅」の方が安い。

などと言い切ることはできず、「注文住宅」の場合、努力次第で費用を抑えることも可能です。

次に購入までの手間の違いを比較すると、どうしても、「注文住宅」の場合、手間も時間も「分譲住宅」に比べかかってしまいます。

何度も打ち合わせを行い間取り決めなど行った後、施行開始と完成までに時間がかかってしまいます。

それに比べ、「分譲住宅」なら、完成した住宅を購入するということで、打ち合わせの時間もなく、すぐにでも入居することも可能です。

このような違いのほか、間取りを自由に決めたいのならば「注文住宅」

少しでも手軽に、そして、明確な料金で購入したいのならば「分譲住宅」といった違いもあります。

まとめ

以上が「注文住宅」「分譲住宅」の違いです。

簡単に言えば、「注文住宅」はオーダーメイドの住宅。

「分譲住宅」は既製品の住宅。

その違いのみです。

どちらの方が質は良いとか、高価だとか、有名だとか、いった違いなどは一切ありません。

もちろん、建物自体もどちらが劣るなども一切ありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典