「洋菓子店」と「ケーキ屋」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「洋菓子店」と「ケーキ屋」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「洋菓子店」「ケーキ屋」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「洋菓子店」とは?

「洋菓子店(ようがしてん)」とは、「西洋に起源を持つさまざまな種類の洋菓子をハンドメイド(手作り)で製造・販売しているお店」のことを意味しています。

「洋菓子店」でつくられて売られている「洋菓子」とは、「小麦粉・バター・牛乳・卵などを材料としてつくられている甘い菓子」になります。

「洋菓子店」というのは、原則として機械の大量生産ではないハンドメイドで、「ケーキ・クッキー・プディング・シュークリームなどの洋菓子を製造・販売しているお店」なのです。

「ケーキ屋」とは?

「ケーキ屋」とは、「洋菓子の中でも特にケーキに分類される菓子を製造・販売しているお店」のことを意味しています。

「ケーキ屋」でつくられて売られている「ケーキ」とは、「卵・牛乳・薄力粉・砂糖・バターなどでつくったスポンジに生クリーム・チョコなどを付けた甘い洋菓子」のことです。

「洋菓子店」と「ケーキ屋」の違い!

「洋菓子店」「ケーキ屋」の違いを、分かりやすく解説します。

「洋菓子店」「ケーキ屋」もどちらも、「甘い洋菓子であるケーキをつくって販売しているお店」を意味していますが、「洋菓子店」のほうは「ケーキ以外のさまざまな種類の洋菓子」も合わせてつくっているという違いがあります。

「洋菓子店」と呼ばれるお店では、ケーキだけではなく「ケーキ・チョコレート・プディング・シュークリームなどの他の洋菓子」も製造・販売しているという違いを指摘できます。

「洋菓子店」に対して「ケーキ屋」という場合には、「洋菓子の中でもケーキに分類されるものだけをつくって販売しているお店(多少はケーキ以外の洋菓子があってもあくまでケーキがメインのお店)」を意味している点が違っているのです。

まとめ

「洋菓子店」「ケーキ屋」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「洋菓子店」とは「西洋に起源を持つ色々な種類の洋菓子を手作りで製造・販売しているお店」を意味していて、「ケーキ屋」「洋菓子の中でも特にケーキを製造・販売しているお店」を意味している違いがあります。

「洋菓子店」「ケーキ屋」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典