スポンサーリンク

「洗脳」と「依存」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「洗脳」と「依存」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「洗脳」「依存」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「洗脳」とは?

「洗脳」「せんのう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「中華人民共和国において、識者などの思想を強制的に改造させるやり方」という意味で、政治的に相手を思い通りにする為に相手の思想を変えさせることを言います。

2つ目は「人の主義や思想を根本的に改めさせること」という意味で、その組織や団体にふさわしい思想を持つ人間にする為に、考え方を変えさせる行為を言います。

上記に共通するのは「相手の思想を改めさせる」という意味です。

「洗脳」の使い方

「洗脳」「中華人民共和国において、識者などの思想を強制的に改造させるやり方」「人の主義や思想を根本的に改めさせること」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴って「洗脳する・した」「洗脳される・された」と使われたり、副詞として「洗脳して」と使われたりします。

基本的に、ある組織や団体にふさわしい人にする為に、その人が持っている思想を強制的に変えさせることを表し、人権を侵害する悪い意味に使われます。

「依存」とは?

「依存」「いぞん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「他に頼って生活や存在すること」という意味で、他の人に面倒を見てもらって生活したり、存在している状態を言います。

2つ目は「それなしに生きていけないと思い込んでいるもの」という意味で、病的に執着して、常識的な判断ができない程になっている状態を言います。

上記に共通するのは「他にすがる」という意味です。

「依存」の使い方

「依存」「他に頼って生活や存在すること」「それなしに生きていけないと思うもの」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「依存する・した」と使われたり、副詞として「依存して」と使われたり、「〇〇依存症」と病名として使われたりします。

基本的に、それがないと生きていけない、存在していけないとよりどころとする人やものに使われる言葉です。

「洗脳」と「依存」の違い

「洗脳」「ある組織や団体にふさわしい人にする為に、その人が持っている思想を強制的に変えさせること」という意味です。

「依存」「それがないと生きていけない、存在していけないとよりどころとする人やもの」という意味です。

「洗脳」の例文

・『彼は洗脳されて宗教に入信した』
・『彼は組織に洗脳されて活動している』
・『彼女の行動は誰かに洗脳しているとしか思えない』
・『怪しい集会に参加してしまい洗脳されそうになった』

「依存」の例文

・『彼は生活の全てを実家に依存している』
・『彼女は彼氏に依存し過ぎて距離を置かれてしまった』
・『彼はアルコール依存症を治療する為に入院していたらしい』
・『彼のギャンブル依存症は治りそうにない』

まとめ

今回は「洗脳」「依存」について紹介しました。

「洗脳」「思想を強制的に変えさせること」「依存」「それがないと生きていけない状態m」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典