スポンサーリンク

「活躍」と「活動」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「活躍」と「活動」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「活躍」「活動」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「活躍」とは?

「活躍」には2つの意味があります。

一つは、めざましい動きや働きをする、目立った動きや働きをするです。

本人の努力によって、めざましい動きや働きをすることをいいます。

プロ野球の球団に新しく入った選手のことで考えてみます。

この選手は、まだプロの試合に出場したことがないので、どのような実力かわかっていませんでした。

実際に試合に出してみると、ヒットを何本も打ち、目立つような働きをしてくれました。

ヒットを打つには、努力が必要でしょう。

練習を積み重ねてきたはずです。

本人の努力によって、めざましい働きをしているので、これは「活躍」していると言うことができます。

この場合は「試合で活躍する」と表現します。

今度は俳優のことで考えてみます。

ある俳優は、たくさんの映画に出演をしています。

どの作品でも、素晴らしい演技を見せてくれます。

素晴らしい演技をするために努力をしていることでしょう。

多くの映画に出演しているのは、マネージャーの力だけではないはずです。

この俳優は「活躍」しているといえます。

もう一つの意味は、勢いよく跳ねあがることです。

「活躍」の使い方

努力による目立つ働きを指して使用する言葉です。

人に対して使うことが多いのですが、「ロボットが活躍する」のように、人以外のことにも使われることがあります。

「活動」とは?

「活動」には2つの意味があります。

一つは、元気よく動くこと、ある動きや働きをすることです。

気温が低くなると昆虫の姿をあまり見なくなります。

しかし、春になって気温が上昇しはじめると、昆虫たちが動き始めて、姿を見るようになってきます。

このことは「昆虫が活動をはじめる」と表現できます。

ある俳優は、これまで日本だけで仕事をしていたのですが、アメリカや韓国など海外でも仕事をするようになりました。

このことは「活動範囲を広げる」と表現できます。

演技というある働きを日本だけでしていたけれど、その範囲を大きくしたという意味になります。

もう一つは、活動写真の略です。

映画の古い呼び方です。

「活動」の使い方

元気よく勢いよく動くこと、ある動きや働きをすることを指して使用します。

人や動物の動きについて使うことが多いです。

「活躍」と「活動」の違い

ある動きや働きをするという点では意味が似ているのですが、「活躍」の場合は、動きや働きがめざましい場合や目立つ場合をいいます。

「活躍」の例文

・『活躍を見せてくれた』
・『今後の活躍が期待される』
・『映画やドラマで活躍する』
・『工場で活躍するロボット』

「活動」の例文

・『アーティストとしての活動を開始する』
・『慈善活動』
・『テレビやラジオで活動する』
・『活動の成果』

まとめ

ある働きや動きをするという意味が似ている2つの言葉ですが、「活躍」はその働きや動きが目立つ場合やめざましい場合をいいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典