スポンサーリンク

「浅慮」と「短慮」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「浅慮」と「短慮」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「浅慮」「短慮」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「浅慮」とは?

「浅慮」の意味と使い方について紹介します。

「浅慮」の意味

「浅慮」「せんりょ」と読みます。

意味は、「考えが足りないこと、軽々しい考え」です。

「浅慮」の使い方

「浅慮」「考えが足りないことや、その軽々しい考えのこと」を言います。

よく状況をわきまえず、自分の都合だけで行動してしまい失敗につながる様な浅はかな考えを表します。

日常会話ではあまり使われず、ビジネスシーンで謝罪の言葉として使われることの方が多くなります。

「浅慮でした」「思慮が足りませんでした」という意味で、よかれと思ってやったことで相手に迷惑をかけてしまった時に使われます。

ただし、あくまで謝罪の言葉ですので、よく考えてやったことでも謙遜して「浅慮」と言うことあります。

「短慮」とは?

「短慮」の意味と使い方について紹介します。

「短慮」の意味

「短慮」「たんりょ」と読みます。

意味は「考えが足りないこと、浅はかなこと」「気の短いこと」です。

「短慮」の使い方

「短慮」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「考えが足りないことや浅はかなこと」という意味で、「短慮な言動が目立つ」などと言います。

こちらは、「浅慮」とほぼ同じ意味で、ものごとをよく考えずに簡単に判断することを表します。

2つ目は「気の短いこと」という意味で「彼は短慮な気質だ」などと言います。

こちらは、怒りっぽい、せっかちで落ち着きがないなどの性格的な面に対して使われます。

上記に共通するのは「よく考えずにすぐ行動する」という点です。

「浅慮」と「短慮」の違い!

「浅慮」「考えが足りないこと、軽々しい考え」です。

「短慮」「考えが足りないこと、浅はかなこと」「気の短いこと」です。

まとめ

今回は「浅慮」「短慮」の違いをお伝えしました。

「浅慮は軽々しい」「短慮は軽々しくてせっかち」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典