スポンサーリンク

「浪人生」と「現役生」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「浪人生」と「現役生」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「浪人生」「現役生」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の違いを是非とも理解して、活用する場面があれば利用してみてください。

特に現役学生や浪人している方のお力に少しでもなれれば幸いです。

スポンサーリンク

「浪人生」とは?

最初に「浪人生」の意味をご説明致します。

「浪人生」の意味としては、自分が目標としている学校の試験に落ちてしまい、入学していない人のことを意味しております。

参考になれば幸いです。

「現役生」とは?

次は「現役生」の意味を解説していきます。

「現役生」の意味とは、基本的に目標としている学校を受験する人や、試験に合格して通学している人を指しております。

その他の意味としては、旧日本陸海軍の軍人が、軍務で勤務している際にも使われていたそうです。

そして、現在働いている人に対しても使いますので、是非とも把握して覚えておいてください。

「浪人生」と「現役生」の違いとは?

ここの項目にて「浪人生」「現役生」の違いを見ていきます。

「浪人生」「現役生」の違いは、上の意味を照らし合わせていただくと違いが見えてくるはずです。

これらの2つの言葉の共通項としては、基本的に「大学受験」を意味していると認識してください。

そして、「浪人生」というのは受験に失敗した人を意味し、「現役生」というのは受験に合格した人を意味していると理解すれば簡単に違いが分かるはずです。

「浪人生」と「現役生」の使い方の違い

ここでは「浪人生」「現役生」の使い方の違いを見ていきます。

前者を使う時は、「浪人生となってしまったので、暇な時にでもバイトしようと考えている」という使い方がイメージしやすいことでしょう。

そして、後者を使う場合は、「現役生として大学に通っている」という使い方がしっくりくるはずですので、是非とも把握しておいてください。

「浪人生」を使った例文

・『浪人生の身なので家では肩身が狭い』
・『浪人生として、やるべきことは次の受験に合格することです』
・『浪人生だからこそ遊べる時に遊んでしまおうという気持ちもある』
・『浪人生として、できることは予備校へ行くことだ』
・『浪人生なので大学へ通っている人がうらやましい』

「現役生」を使った例文

・『現在、現役生としてラバウル方面の司令部に勤務している』
・『現役生として後輩に教えられることは教えたいと思います』
・『大学の現役生としてサークルを盛り上げたい』
・『戦後、彼は現役生から予備役となりました』
・『現役生の中にはかつては浪人生だった人もいるようだ』

「まとめ」

まとめとしては、「浪人生」というのは、大学受験に失敗人と認識してください。

また、「現役生」というのは大学受験に合格した人を指していると理解すると分かりやすいのです。

その他には、旧日本陸海軍の軍人が勤務している場合や、現在働いている人も使いますので、参考にして活用してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典