スポンサーリンク

「海魚」と「川魚」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「海魚」と「川魚」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「海魚」「川魚」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「海魚」とは?

「海魚(うみざかな)」とは、「海・海水で生活する魚の総称」を意味しています。

「海魚」というのは、「水分が海に出て行く脱水を防ぐために、エラから塩分を排出して体内の浸透圧を調整する機能がついている魚」なのです。

「川魚」とは?

「川魚(かわざかな)」とは、「川・湖・淡水で生活する魚の総称」を意味しています。

「川魚」というのは、「体内の水分が多くなりすぎる水ぶくれを防ぐために、大量の尿で水分を排出して体内の浸透圧を調整する機能がついている魚」なのです。

「海魚」と「川魚」の違い!

「海魚」「川魚」の違いを、分かりやすく解説します。

「海魚」「川魚」のもっとも分かりやすい違いは、「海魚」「海に棲息している魚」であり、「川魚」「川に棲息している魚」であるという違いになります。

「海魚」「体内の水分が海水に出ていく脱水状態になりやすい魚」ですが、「川魚」のほうは「淡水が体内に入ってくる水ぶくれ状態になりやすい魚」であるという違いも指摘できます。

「海魚」「体内の塩分濃度が高くなりすぎる脱水を防ぐため、水を大量に飲んでエラから塩分を排出する浸透圧調整機構」を持っていますが、「川魚」のほうは「体内の塩分濃度が低くなりすぎる水ぶくれを防ぐため、水はほとんど飲まず腸とエラから塩分を吸収して大量の尿を出す浸透圧調整機構」を持っている違いもあります。

まとめ

「海魚」「川魚」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「海魚」とは「海・海水で生活している魚の総称、脱水を防ぐ体の仕組みを持つ魚」を意味していて、「川魚」「川や湖・淡水で生活している魚の総称、水ぶくれ(むくみ)を防ぐ体の仕組みを持つ魚」を意味している違いがあります。

「海魚」「川魚」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典