スポンサーリンク

「消費」と「浪費」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「消費」と「浪費」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「消費」「浪費」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「消費」とは?

「消費」の意味と使い方について紹介します。

「消費」の意味

「消費」「しょうひ」と読みます。

意味は「お金や時間、エネルギーなどを使ってなくすこと」「人が欲望を満たす為に、金銭やサービスを使うこと」です。

「消費」の使い方

「消費」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「お金や時間、エネルギーなど、限度があるものを使ってなくすこと」という意味で「電力を消費する」などと言います。

2つ目は「人が欲望を満たす為に、金銭やサービスを使うこと」という意味で、「個人消費が落ち込む」などと言います。

上記に共通するのは「使ってなくすこと」という点です。

日常生活に必要不可欠なものから、レジャーや趣味など、健全な精神を保つ為にお金やサービスを利用することまで含まれます。

「浪費」とは?

「浪費」の意味と使い方について紹介します。

「浪費」の意味

「浪費」「ろうひ」と読みます。

意味は「お金や時間、労力などを無駄に使うこと」です。

「浪費」の使い方

「浪費」は、お金や時間、労力などを、不要な物や無益なものに使うことを言います。

日常生活する上で十分なのに、更に余計にお金や時間、エネルギーを使い、結局何の役にも立たない時の表現です。

また、自分の生活や心を豊かにするのではなく、ストレスを発散する為に、必要のないお金やサービスを使うことも「浪費」になります。

例えば、女性でブランドのバッグが好きで、お金をかけて幾つも購入するのですが、全く使わないばかりか、購入したことも忘れている場合は「浪費」になります。

「消費」と「浪費」の違い!

「消費」「お金や時間、エネルギーなどを使ってなくすこと」です。

「浪費」「お金や時間、労力などを無駄に使うこと」です。

まとめ

今回は「消費」「浪費」の違いをお伝えしました。

「消費は使ってなくすこと」「浪費は無駄づかいすること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典