スポンサーリンク

「深刻に考える」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「深刻に考える」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「深刻に考える」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「深刻に考える」とは?意味

軽々しく扱えない事柄として、深く考えることです。

「深刻」には、4つの意味があります。

1つめは、事態がやさしく解決できる状態ではないさまです。

現在、地球環境問題がさまざまな分野で議論されています。

地球環境が温暖化することによって、海の水位が上がり沈んでしまうかもしれない地域があったり、台風が頻繁に起こったり、などしています。

この様子は「深刻」だといえるでしょう。

2つめは、軽々しく扱えない事態だとして、深く考えて悩むことです。

簡単には決められないことがあったとき、すぐに決断を出さずに、いろいろと深く考えることでしょう。

そういったさまを指しています。

3つめは、考えや表現などが深いところにまで達していて威厳が感じられたり、重く感じられたりするさまです。

4つめは、無慈悲で厳しいことです。

「深刻に考える」が意味する「深刻」とは、2つめの意味になります。

軽々しく扱えないものとして、深く考えて悩むことです。

「考える」には、あれこれ頭を働かせる、思いめぐらすという意味があります。

「深刻に考える」の概要

物事には、簡単に判断したり、決断できたりできるものもあれば、何日も考えたりして、すぐに判断したり決断できないものもあります。

「深刻に考える」とは、すぐに判断や決断をできないような状態で、あれこれ頭を働かせることです。

たとえば、コンビニに立ち寄ったときに、新作のスイーツを発見したとします。

しかし、今はダイエット中です。

新作スイーツを食べてみたいところですが、高カロリーなので食べてしまったら今までの努力が無駄になってしまいます。

これを食べたら体重が増えてしまうかもしれません。

それでも食べたいです。

食べたい、でも食べてはいけない。

深く考えてしまいます。

このときの状態が「深刻に考える」です。

「たかがスイーツ1つのことじゃないか」と思うかもしれませんが、ダイエットをしている人にとっては、スイーツ1つであっても軽々しく考えることができません。

本人にとっては、食べるのか食べないのかは、深く考えることなのです。

ある人にとっては深刻なことでも、別の人にとっては深刻ではないことかもしれません。

それでも、本人にとって深刻であり、あれこれと頭を働かせるようなら「深刻に考えて」いるといえるのです。

「深刻に考える」の言葉の使い方や使われ方

軽々しく扱えないことについて使われることが多いです。

何を軽々しく扱えないのかは、人によって異なります。

「深刻に考える」の類語や言いかえ

「切実な悩み」が似たような意味を持っている言葉です。

身近に深くかかわっている事柄に悩んでいるといった意味になります。

まとめ

生きているとさまざまなことを選択しなければなりません。

選択するときに「深刻に考え」てしまうこともあるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典