スポンサーリンク

「混沌」と「渾沌」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「混沌」と「渾沌」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「混沌」「渾沌」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「混沌」とは?

「混沌」には、2つの意味があります。

1つめは、天地がまだ開けず、不分明である状態のことです。

分明ははっきりと分かれていることを意味し、不は否定を表す語なので、不分明とははっきり分かれてないことを意味しています。

もう一つの意味は、さまざまなものが入り混じって区別がつかないことです。

「混」という漢字には、まざる、まじりあって区別がつかないさまという意味があり、「沌」という漢字には、万物が成立する以前の物と物との違いがつかないありさまという意味があります。

「渾沌」とは?

「渾沌」には、2つの意味があります。

1つめは、天地がまだ開けず、不分明である状態のことです。

もう一つは、さまざまなものがいりまじり、区別がつかないことです。

「渾」という漢字には、まじる、まじりあうという意味があります。

名前に付けられる漢字は決まっており、以前は「渾」という漢字を使用できなかったのですが、2017年に「渾」が追加されて、人命に使えるようになりました。

「混沌」と「渾沌」の違い

「混沌」「渾沌」は同じ意味です。

「混」は常用漢字で、「沌」「渾」は常用漢字ではありません。

まとめ

どちらも同じ意味があり、「混沌」「渾沌」もどちらも間違った漢字ではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典