スポンサーリンク

「混沌」と「無秩序」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「混沌」と「無秩序」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「混沌」「無秩序」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「混沌」とは?

「混沌」「こんとん」と読みます。

「混」は音読みで「コン」、訓読みで「まじる」「まざる」「まぜる」「こむ」と読みます。

「混」の字には、「まじりあって区別のつかないさま」「こみあう」「こむ」という意味があります。

そして「沌」は、音読みで「トン」、訓読みで「ふさがる」と読みます 「沌」の字には、「ふさがる」「水が流通しない」という意味があります。

「混」「沌」の2文字で構成される「混沌」とは、「物事が無秩序で、まとまっていない状態」を意味する語です。

「チームが混沌としている」といった使い方をします。

「混沌」とは宇宙が生まれる前の状態で、究極に無秩序な世界を表しています。

極端なほどの混乱と、無秩序な状態を言い表す言葉です。

つまり最も混乱している状態のことを言います。

災害現場などで指揮命令がなく、非常に混乱した状態や、勝負の勝敗をめぐり勝敗の予測がまったくつかないような状況を表現するときにも用いられることはあります。

しかし、日常生活やビジネスシーンで用いられることは一般的ではなく、どちらかというと漫画やアニメ、ゲームなどでよく使われる言葉です。

アニメやゲームなどで、カオスという言葉を聞くことがあると思いますが、これは「混沌」を英語にしたものです。

「無秩序」とは?

「無秩序」「むちつじょ」と読みます。

「無」は音読みで「ム」「ブ」と読み、訓読みでは「ない」と読みます。

「無」という字には、「ない」「・・・がない」「存在しない」という意味があります。

「秩」は音読みで「チツ」、訓読みで「ついで」「ふち」と読みます。

「ついで」「物事の順序」「次第」という意味を含んでいます。

そして「序」は、音読みで「ジョ」、訓読みで「ついで」「はしがき」「まなびや」と読みます。

「並び方」「順番」「次第」「ついで」という意味があります。

「無」「秩」「序」、この3文字で構成される「無秩序」は、「秩序がないこと」という意味になります。

「秩序」とは「物事を行う場合の正しい順序や道筋」「その社会・集団などが、望ましい状態を保つための順序やきまり」のことをいいます。

つまり無秩序とは、それらがないことです。

「無秩序な集団」「無秩序な配列」といった使い方をします。

「混沌」と「無秩序」の違い

「混沌」「無秩序」それぞれの用語の違いはお分かりいただけたでしょうか。

「混沌」は、「物事が無秩序で、まとまっていない状態」のことです。

つまり「混沌」の要素として「無秩序」が使われることはありますが、実際にはほとんど意味に違いがありません。

「混沌」の例文

・学級崩壊で授業ができない混沌状態だった。

・頭の中は混沌としてきた。

・考えが混沌としている。

「無秩序」の例文

・みんなが規則に忠実でないと無秩序になる。

・一つ目は遊びは無秩序ではないということ。

・パワーは無秩序に分布している。

まとめ

以上が「混沌」「無秩序」の違いになります。

「混沌」「無秩序」には、ほとんど意味に違いはないが、「混沌」の要素として「無秩序」が使われることがある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典