スポンサーリンク

「混迷」と「困惑」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「混迷」と「困惑」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「混迷」「困惑」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「混迷」の意味から取り上げていきましょう。

スポンサーリンク

「混迷」とは?

最初に「混迷」の意味をご説明致します。

「混迷」(こんめい)とは、様々な状態などが重なり混乱を招き、分別がつかないさまです。

また、複雑過ぎて、見通しなどがたたないことを表現しております。

「困惑」とは?

次に「困惑」の意味を解説していきます。

「困惑」(こんわく)の場合は、適切な判断ができずに迷ってしまうことです。

冷静さなどが失われていることが、多いときのことになります。

「混迷」と「困惑」の違いとは?

ここでは「混迷」「困惑」の違いを取り上げてみましょう。

「混迷」の方は、複雑な用件などが立て込んでしまい、混乱していることです。

これらが要因となり、見通しや分別ができないことを表しております。

「困惑」の場合は、的確な判断力を発揮できずに、冷静さを欠き、迷うことです。

「混迷」と「困惑」の使い方の違い

この項目においては、「混迷」「困惑」の使い方の違いを説明します。

「混迷」を使う場合は、非常に面倒なことや複雑なことなどが立て込み、見通しがたたないときなどに使います。

「困惑」を使うときは、冷静な判断ができずに、取り乱したり、迷うことなどに使うのです。

前者の使い方
「あの建物の造りは、誰でも混迷してしまうだろう」
「作戦内容に対し、混迷しています」
後者の使い方
「不審者の行いに、困惑している」
「困惑するほどに、結果が悲惨であった」

「混迷」を使った例文

ここでは「混迷」を使った例文を書いていきます。

・『栗田長官は、レイテ島突入に関しては、混迷した部分があったのだろう』
・『作戦が複雑過ぎて、混迷している』
・『混迷するような説明していたようなので、その辺を直していきたいと思っています』
・『混迷するような仕事内容なので、もう少し詳しく説明して欲しいのです』
・『仕事するときに、混迷した場合は上司などに相談すると良いでしょう。きっと何か力になってくれるはずです』

「困惑」を使った例文

最後の項目においては、「困惑」を使った例文を書きます。

・『ミッドウェー海戦で空母4隻が撃沈された際、司令部は困惑していたようだ』
・『空気の読めない人の行動には、困惑してしまうことがあります』
・『困惑した顔つきをしているのに、それに気づかない人がいるのもびっくりしました』
・『指示が曖昧で、困惑してしまいました』
・『ビジネスを成功させるという目標がある割には、ビジネスが嫌いという人に対して、困惑している』

まとめ

まとめとして「混迷」とは、非常に難しい用件や、複雑なことが重なり、見通しなどがたたないことです。

また、分別などにも迷ってしまうことを指しております。

「困惑」の場合は、冷静さなどを欠き、適切な判断ができない状態のことです。

取り乱したり、迷ってしまうさまを指しております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典