スポンサーリンク

「添乗員」と「乗務員」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「添乗員」と「乗務員」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「添乗員」「乗務員」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「添乗員」とは?

「添乗員」は、旅行の管理を行うためだけに存在する人物でバスガイドの他ツアーを先導する人物のことです。

「添乗員」は、乗り物などを管理運航する立場には一切かかわらず、あくまで自分の職務はツアーを先導し、時間を管理して旅行のツアーを先導することのみになります。

「乗務員」とは?

「乗務員」は、乗り物の運行を管理する立場にある乗組員のことを指します。

「乗務員」のお仕事は、積み荷だったりお客様だったりを安全に目的地に届けることのみです。

その為、旅行を汲んだお客様を目的地に届ける場合、旅行に関しては間に入らず、ツアーガイドの方に旅行のガイドをお任せし、あくまで「乗務員」は対象者の旅行には関与せず、安全に目的地に利用者の方を届けることのみに注力します。

「添乗員」と「乗務員」の違い

「添乗員」「乗務員」の違いは、お仕事自体が異なり、「添乗員」は旅行の時間管理をするガイドであるに対し、「乗務員」はあくまで人間が乗り降りする乗り物を運行する乗組員でしかありません。

その為、「乗務員」は、旅行ガイドと協力関係にあるように見えますが実際は協力関係である必要性はなく、あくまでビジネスで目的が一致している場合のみ協力者であり続けるというのが両者の関係性です。

その為、「乗務員」は旅行会社と関係が無い業務においてはお客様を楽しませるという目的よりも乗客の安全を守る立場が優先されます。

「添乗員」の例文

・『バスのツアーの添乗員になる』
この例は、資格認定試験を通してバスツアーのガイドになったという例です。

ツアーガイドの資格は、国内旅行の責任者と海外の責任者があり、このケースはどちらかに合格して無事バスツアーのガイドになった例になります。

「乗務員」の例文

・『バスの乗務員になる』
この例は、バスの運転手になったことを指し、「添乗員」とは別の仕事であるとした例です。

バスは通常運転手が主な乗組員で、実質この人物のみが乗客を目的地に運ぶ乗組員です。

しかし、バスの「添乗員」はバスのツアーガイドという意味になり、差別化をするためにこの例ではわざとバスの「乗務員」という言い方をして運転手になったとしています。

まとめ

「添乗員」「乗務員」の違いは、会社が異なり業務内容も異なります。

「乗務員」はその乗り物を管理している会社が親会社で、「添乗員」は実質派遣会社から乗り物を運行管理している会社に雇われる関係で乗り物に乗っているだけで両者はビジネスという物でこそ繋がりはありますが会社は異なり、業務内容も違います。

さらに言えば、「乗務員」は乗客となる人物の命を守る立場にありますが、「添乗員」は、乗り物に乗る人物の命を守る必要性はないです。

ただし乗物から降りてツアーを行う場合、「添乗員」は旅行客の安全を確保する義務があり、危険と判断した場合、ツアーを中断するという権限を持ちます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典