スポンサーリンク

「温かみ」と「暖かみ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「温かみ」と「暖かみ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「温かみ」「暖かみ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「温かみ」とは?

「温かみ」「あたたかみ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「物が冷たくなく、熱すぎず、程よい状態」という意味で、人肌を思わせる様な心地良い状態のことを言います。

2つ目は「思いやりがある」という意味で、ひとをいたわる優しい気持ちがあることを言います。

上記に共通するのは「心地よい」という意味です。

「温」「フタ付きの器に入ったスープ」を表す形成文字で、程よい温度を保っているという意味で使われる様になりました。

「温かみ」の使い方

「温かみ」「物が冷たくなく、熱すぎず、程よい状態」「思いやりがある」という意味で使われます。

「温かい」という形容詞の名詞形で、「温かみ」は主観的に身体の一部で感じる、物理的な温度の度合いが心地良いことというニュアンスが強く、客観的な温度の度合いを表す時には「温かさ」になります。

また、副詞として「温かく」として使われたり、俗語的に「あったかみ」と使われることもあります。

「暖かみ」とは?

「暖かみ」「あたたかみ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「寒すぎず、暑すぎず、程よい気温であること」という意味で、身体で感じる丁度良い気温のことを言います。

2つ目は「金銭が十分にある」という意味で、財布にお金がたくさん入っている状態を言います。

3つ目は「やわらかい色合いで、ぬくもりが感じられる」という意味で、冷たく感じない色調のことを言います。

上記に共通するのは「適温である」という意味です。

「暖かみ」の使い方

「暖かみ」「寒すぎず、暑すぎず、程よい気温であること」「金銭が十分にある」「やわらかい色合いで、ぬくもりが感じられる」という意味で使われます。

「暖かい」という形容詞の名詞形で、「暖かみ」は主観的に身体全体で感じる温度の度合いというニュアンスが 強く、客観的な温度の度合いを表す時には「暖かさ」になります。

また、副詞として「暖かく」と使われたり、俗語的に「あったかみ」と使われることもあります。

「温かみ」と「暖かみ」の違い

「温かみ」「主観的に身体の一部で感じる、物理的な温度の度合いが心地良いこと」という意味です。

「暖かみ」「主観的に身体全体で感じる温度の度合いが心地良いこと」という意味です。

「温かみ」の例文

・『このスープはまだ温かみが残っている』

・『お弁当は温かみがなくなってからフタをするべきだ』

・『温かみのある励ましのメッセージが送られてきた』

・『手紙から温かみが伝わってきた』

「暖かみ」の例文

・『直前まで人がいたらしく、部屋に暖かみが残っている』

・『日差しに暖かみが感じられる様になった』

・『暖かみを感じさせる色の壁紙だ』

・『毛布の暖かみが恋しい季節になった』

まとめ

今回は「温かみ」「暖かみ」について紹介しました。

「温かみ」「物理的な温度が丁度良い」「暖かみ」「体感的な温度が丁度良い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典