スポンサーリンク

「満点」と「満天」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「満点」と「満天」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「満点」「満天」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「満点」とは?

「満点」は評価を100点とした場合、100点を取ることを意味する言葉です。

つまりは、「満点」は取得することで得られる評価のことを指し、評価を数字で表したものの上限を取得する意味になり す。

その為、テストなどで「満点」を取るとした場合、100点を取得したという意味になります。

「満点」の使い方

「満点」は成績を表す場合に使用することができる言葉です。

その為、多くがテストなどで上限いっぱいの100点を取った場合、「満点」を取ったという言葉で好成績を収めたことを周囲に知らせることが可能です。

「満天」とは?

「満天」は夜空に星が満ち溢れていることを指す言葉で、成績ではなく、数えられないものが満ち溢れる様です。

ただ、注意を上げておきますと、「満天」は数えることが難しいくらい満ち溢れたことを意味しますので、数えることができる程度の数を「満天」とすることはできません。

その場合、「数えられるほどの数」「少数」という言い方をして星の数を表します。

「満天」の使い方

「満天」は数えきれないほどの数があるものに対して「満天」と呼ぶことで数が多いことであると示します。

この時、「迫力満点」という言葉がありますが、「満天」としないことに注意が必要です。

何故なら、「迫力満点」は評価をする言葉であるため、上限の最大値を獲得した迫力であるとするため、数えきれないほど迫力があるという意味では意味が通用しないため、「迫力満点」「迫力満天」としないよう注意しましょう。

「満点」と「満天」の違い

「満点」「満天」の違いですが、「満点」は点数化された評価に対して最大値を取得することで、テストでいう100点を取ることです。

一方で「満天」はあふれんばかりにたくさんあるもののことを指し、数を数えることが難しいものを「満天」と呼び、たくさんあることとしますので違いは数字など基準があるものと基準がない者でかつ数を数える気すら起きないという違いがあります。

まとめ

「満点」「満天」の違いは、数字などで可視化されたものの基準値の最大を取得するか、数えれない者を指すかが違いになります。

その為、「満点」は数字化されたものの最大値を取るためテストなどで100点を取ることを「満点」とし、数えられないものが多いのは、とりあえず「満天」と呼ぶことで多いということを示します。

ですが、注意すべきは、「迫力満点」という言葉で、これは迫力があるという状況を数字で表し最大であるとするため、数を数えることが難しいがとりあえず迫力があるという意味ではないことです。

その為、「迫力満点」とするのが正しく、「迫力満天」ではよくわからないがとりあえず迫力があることには違いないという意味合いになるため、間違った表現となるため「迫力満天」は表現上ふさわしくないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典