スポンサーリンク

「準拠」と「依拠」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「準拠」と「依拠」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「準拠」「依拠」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「準拠」とは?

物事が成り立つためのある物事に従うこと、またそのものです。

「準」という漢字にはよりどころにする、「拠」という漢字にはよりどころという意味があります。

「準拠」という言葉は、よりどころという意味を持つ漢字を2つ重ねていることになります。

ISO規格というものがあります。

この企画は製品に設けられています。

ISO規格とは、世界中で同じ品質、同じ規格のものを提供しましょう、という国際的な規格です。

「ISO規格に準拠しています」など製品説明されることがあり、この場合はこの規格に従っているという意味になります。

規格がよりどころになるもので、そしてそれに従うことが「準拠」です。

「準拠」の使い方

ある物事に従うといった意味合いで使用をします。

規格、ルール、制度などについて使われることが多いです。

日常会話ではあまり使用しません。

「依拠」とは?

あるものを根拠とすること。

物事が成り立つためのある物事に従うことです。

「依」という漢字には、たよる、よりかかるという意味があります。

「法律に依拠する」といった使い方をします。

この場合、法律がよりどころになっており、それに従うといった意味になります。

犯罪に対して判決を下すとき、何かその判決のもとになるものが必要です。

そうでなければ、感情で判決を下すことになってしまいかねず、同じ行為でも罪の重さが変わってきてしまいます。

判決のもとになるものが法律です。

法律をよりどころとし、それに従います。

このように、よりどころに従うことをいいます。

何もよりどころがないことはいいません。

「依拠」の使い方

ある物事に従うといった意味合いで使用をします。

概念、理論、法律、数値など、さまざまな事柄に使用されます。

日常会話ではあまり使用されません。

「準拠」と「依拠」の違い

どちらの言葉にも、よりどころという意味を持つ漢字である「拠」が使用されています。

2つの言葉の意味はほぼ同じで、物事を成り立つもととなるものに従うという意味になります。

言葉が持つ意味に大きな違いはありません。

また、使われ方が似ていて、基準や規格について使われることが多くあります。

「準拠」の例文

・『ガイドラインに準拠しています』

・『事実に準拠した小説』

・『衛生に関する基準に準拠しているか調査する』

・『規格が定める10項目に準拠する』

「依拠」の例文

・『専門家の意見に依拠している』

・『可能な限りの情報を集め、それに依拠する』

・『多くの問題はコミュニケーションをうまくとれないことに依拠している』

・『大学の研究チームの報告に依拠している』

まとめ

2つの言葉の意味はほぼ同じで、よりどころにするという意味を持っています。

使われ方にも大きな違いはありません。

そのため、似たような事柄に使用されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典