スポンサーリンク

「演歌」と「歌謡曲」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「演歌」と「歌謡曲」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

音楽番組を観ていると、色々なジャンルの歌手が登場することがあります。

この記事では、「演歌」「歌謡曲」の違いを分かりやすく説明していきます。

違いをスカッと学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「演歌」とは?

演歌とは、日本らしい歌のこと。

他の国には見られない、日本ならではの楽曲です。

こぶしを効かせる、着物を着て歌うなど、オリジナリティ溢れる演出が多くみられます。

演歌の本来の名前は「演説歌」

これを短くしたのが「演歌」です。

演説歌が生まれたのは、明治時代の自由民権運動の頃。

「こんな世の中になって欲しい」という願いを込めて、当時の大学生たちが歌っていた楽曲です。

時代の移り変わりとともに、演説歌は演歌と名前を変えるように。

昭和時代になると、北島三郎さんや石川さゆりさん、吉幾三さんなどの名だたる演歌歌手が登場し、お茶の間の話題を集めるようになります。

染みわたるようなビブラートや、独特のしゃくり。

突き上げるようなこぶし。

演歌の歌い方には、ポップスとはちがう深い余韻と魅力があります。

「歌謡曲」とは?

歌謡曲とは、昭和を連想させる日本らしい音楽のこと。

多くの人々に愛される、ほのぼのとしたポピュラー音楽をさします。

歌謡曲の始まりといえるのが、昭和の初めにNHKラジオで流されていた楽曲です。

淡谷のり子さんの別れのブルース、美空ひばりさんの東京キッドなどがラジオから流れると、ラジオの前に家族全員が集まるように。

戦争が終わると、あちこちで歌手によるコンサートが開かれ「日本のシンボル」として親しまれるようになります。

ロックほど激しくなく、JPOPともちがう歌謡曲。

TiKTokで若手アーティストがカバーしていることから「昭和歌謡」「昭和ポップス」として親しまれています。

懐メロっぽい、懐かしい曲調が多くのファンに癒しをあたえています。

「演歌」と「歌謡曲」の違い

どちらも日本を代表する曲です。

「演歌」「歌謡曲」の違いを、分かりやすく解説します。

・より和風なのが演歌
演歌と歌謡曲は、どちらも同じく日本の歌です。

正確には「歌謡曲」という大きなカテゴリーの中に「演歌」というジャンルがはいります。

そのため演歌も歌謡曲も、同じ歌の仲間です。

ただ演歌は男性も女性も着物で歌うのに対して、歌謡曲は洋装で歌うという特徴もあります。

演歌がこぶし、しゃくり、ビブラートなどメリハリを付けた歌い方をするのに対して、歌謡曲は滑らかな歌い回しが特徴的です。

演歌は和だいこや三味線、笛などがサブ演奏することもありますが、歌謡曲はそういった「和の演出」は控えめです。

いかにも日本らしい演出をしているのが演歌、和と洋の中間にあるのが歌謡曲です。

まとめ

「演歌」「歌謡曲」の違いを分かりやすくお伝えしました。

演歌はこぶしやビブラートを効かせ、日本らしい服装で歌う楽曲のこと。

歌謡曲は昭和時代を連想させる、懐かしいポップスです。

どちらも人気ジャンルの楽曲なので、時間があるときに耳を傾けてみると楽しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典