スポンサーリンク

「漫画家」と「アニメーター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「漫画家」と「アニメーター」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「漫画家」「アニメーター」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「漫画家」とは?

「漫画家」「まんがか」と読みます。

意味は、「紙やパソコンなどを使い、イラストとセリフにより物語を創る仕事のこと」です。

雑誌に掲載される場合は、複数のページに渡り「コマ割り」と呼ばれる枠に分け、その枠内にイラストとセリフを描いてストーリーを進行させていきます。

全て静止画で、創作力の他にイラストで動きや感情などを表現するテクニックが求められます。

以前はケント紙に、専用ペンと黒インクまたは墨汁で描くのが主流でしたが、最近ではパソコンを使用してデジタル描画するマンガ家も増えています。

「アニメーター」とは?

「アニメーター」は、「セルと呼ばれる薄いシートに、何百枚も絵を描き、連続して映すことで動きを表す仕事のこと」です。

「アニメ」「アニメーション」の略で、「動画」という意味です。

イラストで描かれたキャラクターや物が、何百枚ものセルを動かすことで動いている様に見えます。

「アニメーター」は、主にこの「セル」を描く仕事をする人に対して使われます。

以前は手描きで輪郭から色塗りまでしていましたが、最近ではパソコン処理ができる様になっています。

「漫画家」と「アニメーター」の違い!

「漫画家」「紙やパソコンなどを使い、イラストとセリフにより物語を創る仕事のこと」です。

「アニメーター」「セルに何百枚も絵を描き、連続して映すことで動きを表す仕事のこと」です。

まとめ

今回は「漫画家」「アニメーター」の違いをお伝えしました。

「漫画家は静止画」「アニメーターは動画」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典