スポンサーリンク

「潤沢な資金」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「潤沢な資金」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社やスポーツチームを買収するニュースなどで耳にする言葉に「潤沢な資金」という表現があります。

お金に関する言葉であることはわかりますが具体的にはどのような意味なのでしょうか。

今回は、「潤沢な資金」の意味と類似表現を紹介します。

スポンサーリンク

「潤沢な資金」とは?意味

「潤沢な資金」とは「余裕を感じられるほど豊富に資金があること」を意味する言葉です。

「潤沢な資金」の概要

「潤沢な資金」「潤沢」には「豊富」「たっぷり」という意味があります。

「潤沢」は池や湖などに水がたっぷりとあり少々使ったくらいでは減らないようなイメージです。

モノが豊富にあって減ることを気にせず好きに使えるような状態を意味する言葉で、「潤沢な資金」という場合は「目的に対して資金が十分に用意されていてお金のやりくりを気にすることなく思うままに使える」ような状態を指します。

どの程度の余裕があるのかについてはに特に決まりはなく、目的のためにお金を使っても十分に余裕がある状態ならば「潤沢な資金」に該当します。

現在蓄えている資金が豊富にある状況のほか、有力なスポンサーやパトロンがついていて要請に応じて追加の資金供給が行われるような資金面でのバックアップが十分な状況も「潤沢な資金」とひょうげんします。

豊富、十分というのは予想される出費や支出に対してなのである程度予算のめどが立っている場合に使用される表現です。

これからどのくらい資金が必要になるかわからない未知の事業やゴールが設定されてない砲塔や浪費の場合はいくらお金があっても十分であると判断することができないので「潤沢な資金」という表現は使われません。

資金的な余裕というのはあくまでも事前の見積もりまたは現在進行中の予算に対しての話です。

見積もりが甘かったり予想外に出費が多かったりすると当初「潤沢な資金」だったはずなのに資金不足になることもあります。

絶対的な資金量を確約する言葉ではないので流動的な状況に必ずしも適合する表現ではありません。

「潤沢な資金」の言葉の使い方や使われ方

・選挙に備えて潤沢な資金を用意した候補者が一歩リードしている。

・FA争いに潤沢な資金で望む。

・潤沢な資金とはいえないが精一杯のお金をかき集めて開店にこぎつけた。

・潤沢な資金で参入してくる大企業に対しこれまでの実績と信用で戦いを挑む。

「潤沢な資金」の類語や言いかえ

・莫大な予算
「準備された予算が必要額に対して非常に大きいこと」という意味の言葉です。

「潤沢な資金」よりもたくさんのお金が用意されていることを表す表現ですが基本的な意味はほぼ同じです。

「潤沢な資金」「たっぷり」という余裕を表しているのに対し、こちらは「驚きを覚えるほど巨額」ことを強調した表現です。

・資金がじゃぶじゃぶ
「いくらつぎ込んでも尽きることがないほど資金があふれている様子」を表す言葉です。

資金を液体状に例えるという意味で非常に似ている表現です。

この表現には「躊躇なくお金がつぎ込まれる」「無計画にお金が使われる」というような「金にあかせて強引に物事を進める」というニュアンスが含まれているため、あまり上品な表現ではありません。

まとめ

「潤沢な資金」はニュースなどでも使われる一般的な言葉です。

意味は難しいものではないのでこの機会にきちんと理解しておきましょう。

お金にまつわる表現は微妙なニュアンスの違いで使い分けられます。

場面や状況に合わせてふさわしい言葉選びを心がけてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典