「激白」と「告白」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「激白」と「告白」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「激白」「告白」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「激白」とは?

「激白」とは、隠していたこと、抑えていた感情など、一気に打ち明けること、話すことを言います。

つまり内容としては衝撃的なこととなります。

「記者会見で激白したことで、私の芸能生命は終わった」「真相の激白」「彼女がマスコミに激白すると、困る人間もいることだろう」などと、使います。

「告白」とは?

「告白」とは、心の中に秘めていたことを、正直に打ち明けるという意味になります。

よく使われる意味合いとしては、好きな人に「好き」「付き合って欲しい」と勇気を出して伝えることがあります。

「バレンタインに、彼に告白するつもり」「アイドルの仕事を引退したいという告白を受けた」などと、使います。

「激白」と「告白」の違い!

「激白」「告白」の違いを、分かりやすく解説します。

心の中にあることを打ち明けるという意味においてはどちらも同じですが、内容に違いがあります。

「激白」とは「告白」の内容が衝撃的である時に使います。

一方の「告白」とは心の中に秘めていたことを「ありのままに」打ち明けるという意味です。

日常会話においての「告白」とは異性と付き合いたいという気持ちを打ち明けるといった意味で使うことが多いのではないでしょうか。

まとめますと「激白は衝撃的内容の告白」「告白とは心に秘めていることをありのままに打ち明ける」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「激白」「告白」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの意味を正しく理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典